増補新装版 しあわせの王様 全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦

  • ロクリン社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907542276

作品紹介・あらすじ

「ALS はじめて耳に するその名 医師の宣告 余命三年」

不治の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の身でありながら常に前向きに生きる男・舩後靖彦が、その生き様を短歌に謳う!

「治療法がない」「全身麻痺」「呼吸停止」「余命3年」
過酷な宣告に絶望し、どん底に落ちた船後は、同病の共を支える「ピアサポート」をきっかけに大きく立ち直る。
人を支えることは、自分を勇気づけること!人生どんな状況でも楽しめる!
全身麻痺の身で講演やコンサートをこなし、創作活動を続ける「しあわせの王様」の生き方とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 難病で屍【かばね】のごとき俺だから「人につくす」で生きてる意味を
     舩後靖彦

     作者は、れいわ新選組所属の国会議員である。その半生を描いた「増補新装版しあわせの王様」は、サブタイトルが「全身麻痺のALSを生きる舩後靖彦の挑戦」。40代で筋萎縮性側索【そくさく】硬化症(ALS)と診断され、その後、さまざまな「挑戦」を続けてきたことの記録の書だ。

     1957年、岐阜市生まれ。学生時代は作詞作曲やバンド活動に励んでいた。

     休日もダイヤ見たさに会社へとはやる気持ちは初恋のごと

     起業を経て、商社に就職。ダイヤモンドを扱い、数億の売り上げを記録する充実の日々を送っていた。そんな中、2000年に病名を宣告され、しばらくは自死を思うほどの動揺の日々であったという。

     「不治」という単語ばかりが聞こえくる病名告げる医師の唇

     呼吸筋が衰え、声を失い、栄養はチューブから補給。うちひしがれた病床で生きがいとなったのは、同病の人々をメールなどで励ますピアサポートの仕事だった。

     死を望む我に生きよと告ぐる声廊下に響く呼吸器の音

     長く拒否してきた人工呼吸器を、生き続けるために装着し、コンピューターの意思伝達装置を使って病友の相談にのる。

     当初は「余命三年」と伝えられたが、他者につくすことを決意し、講演なども積極的に行うようになったそうだ。堂々と「しあわせの王様」として生きるその姿は、短歌ブログでも公開されている。
    (2019年11月10日掲載)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1957年、岐阜市加納御車町生まれ。千葉県立千葉南高校、拓殖大学政経学部卒業。1982年、酒田時計貿易株式会社に入社。商社員として海外を飛び回り活躍する。2000年、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断される。2014年、株式会社アースの副社長に就任。2019年参議院選挙で「れいわ新選組」(山本太郎代表)から「比例特定枠」候補として立候補し初当選する。詩歌や童話などの創作活動の他、上智大学、帝京科学大学で非常勤講師を歴任するなど、講演活動も積極的に行う。主な著書に『しあわせの王様』(共著、ロクリン社)、『三つ子になった雲』(日本地域社会研究所)などがある。

「2021年 『全身マヒのALS議員 車いすで国会へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舩後靖彦の作品

ツイートする
×