新・絵本はこころの処方箋 絵本セラピーってなんだろう?

著者 :
  • 瑞雲舎
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907613341

作品紹介・あらすじ

1級建築士だった著者が、わが子の誕生で絵本と出会い、その後様々な絵本体験を重ねて大人達に絵本を読むようになり、やがて絵本を媒介として人と人を繋ぐワークショップ「絵本セラピー」を始めるに至るまでを語る。
2011年3月東日本大震災の日に初版発行した『絵本はこころの処方箋』が10年の時を経て新しく生まれ変わります。巻末に「大人の読み薬」50冊のブックリスト付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 処方箋って何?
    レセプトのことだろう。
    つまり、医師の指示の元に、薬剤師が調剤するための
    指示書の様なもののこと。 

    日本調剤のホームページには以下の様に定義している。

    引用

    「処方箋」とは、医師が患者さまの病気の治療に必要なお薬の種類や量、服用法が記載された書類です。

    以上

    本書の書名の意味がつかめない。

    絵本は心の 迄は分かるが、
    絵本は心の処方箋 とほ
    絵本は心の病気の治療に必要な薬の種類や量、服用方法が記載された書類
    となり何の事かよく分からない。

    無理矢理善意に解釈するなら、
    絵本は心の病の治療薬
    ってとこだろうか?

    100歳までに読みたい100の絵本

    絵本で世界を学ぼう

    この2冊のリストの絵本を読み続けて来た。

    絵本だけを読んでいるわけでもない。

    前者は、完読。後者もそろそろほぼ完読。
    その次の絵本リストを探している。
    本書の50冊のリストが役に立ちそうだ。

    著者は経歴を具体的に書いていない。
    絵本セラピストのおじ さんと認識する。
    建築士より絵本を選んだのだろう。
    俗な言い方だと変わり種かな。

    最後に50冊ほど絵本の紹介がある。

    絵本の読み薬

    そんなに薬を飲んでどうする。
    医者でもないのに処方箋って。

    なんかスタンスが好きになれない。

    100歳までに読みたい100の絵本

    絵本で世界を学ぼう

    この2冊のスタンスの方が好きだな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

岡田達信(著)兵庫県生まれ。建築技術者から管理職を経て人材育成業務に携わる。子どものために買い集めた絵本から様々な気づきを得た体験をもとに、ワークショップ「大人のための絵本セラピー」を考案。2009年絵本セラピスト協会を設立し、絵本で人をつなげる活動を全国に広げる。「絵本セラピー」はマスコミにもたびたび取り上げられ、海外にも広まりつつある。夢は「絵本でいつのまにか世界平和」絵本セラピスト協会代表。一級建築士。日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。著書に『絵本はこころの処方箋』(絶版、本書に改訂)『絵本はこころの架け橋』ともに小舎刊。『그림책테라피가 뭐길래 (絵本セラピーって何だろう)』(Flying Star・韓国)

「2021年 『新・絵本はこころの処方箋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡田達信の作品

ツイートする
×