聖書がわかれば世界が読める―Bible Reality

著者 :
  • 岳陽舎
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907737276

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビン・ラディン氏が亡くなったニュースを期に
    途中だったが、また読みました。
    聖書への興味と、著者の石井氏への興味で。
    世界情勢には、やっぱり疎いのでと言い訳に
    なってしまいますが、難しいです。
    記憶に留めるのは、
    中心は米国ではなく、EC
    グローバル化に意味
    終わりの日への脅威は、中国ロシアを中心にアジア
    終わりの日とは、改まる日
    その前には苦痛がある
    歴史は繰り返す
    など

    聖書の予言の信憑性は信じたいです。
    だが、一介の主婦は、広い世界を感じつつも
    毎日が幸せに過ぎるように努力して生きる
    だけなのでしょう。感謝して。

  • 目から鱗です。ぽろぽろ何枚も落ちました。
    中東の紛争から何から、その原因は聖書の背景にあるのだけど、想像していたよりももっと大きく絡み合っていた!!

    思わず、旧約聖書を片手に読んでしまう一冊です。買いです、読んで納得しましょう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1965年東京生まれ。牧師、カウンセラー、ミュージシャン、株式会社コミティッド代表。プリマリタルカウンセリング協会理事。91年、ポリドール系のレーベルよりデビュー。93年に渡米し、牧師に。現在、自身の経営するカフェ「KICK BACK CAFE」にて、結婚・恋愛問題を中心にカウンセリングを行う。2000年に出版した処女作『この人と結婚していいの?』が20万部のベストセラーに。ゴスペルシンガーとしても「天国民/HEAVENESE」を率い、日本国内のみならず海外においても活動するほか、セミナー講演など、最愛の妻・久美子と二人三脚で精力的に活動中。

「2015年 『あなたを苦しめる母から自由になる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井希尚の作品

聖書がわかれば世界が読める―Bible Realityを本棚に登録しているひと

ツイートする