作品紹介・あらすじ

いまもっとも注目を集めるフランスの思想家ジョルジュ・ディディ=ユベルマンの講演録「なんという感動! なんという感動?」初邦訳をはじめ、ダムで水底に沈んだ徳山村の写真、約10万カットを残した増山たづ子をめぐるトークや、思想・美術・写真など幅広いジャンルの執筆陣による論考を多数収録。また、好評を博し売切となっている既刊号から、ディディ=ユベルマン、ジェフリー・バッチェン、マイケル・フリード各氏へのロング・インタビュー3本などを再録。

著者プロフィール

1953年、東京生まれ。専攻は民俗学・日本文化論。学習院大学教授。福島県立博物館館長。東京大学文学部卒業。2007年『岡本太郎の見た日本』(岩波書店)でドゥマゴ文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞。
『異人論序説』『排除の現象学』(ちくま学芸文庫)、『境界の発生』『東北学/忘れられた東北』『東北学/もうひとつの東北』(いずれも講談社学術文庫)、『北のはやり歌』(筑摩選書)、『岡本太郎という思想』(講談社文庫)、『ゴジラとナウシカ』(イースト・プレス)、『司馬遼太郎 東北をゆく』(人文書院)、『性食考』(岩波書店)など著書多数。

「2018年 『日本という不思議の国へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤坂憲雄の作品

photographers' gallery press no.13を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする
×