植物園の世紀: イギリス帝国の植物政策

著者 :
  • 共和国
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784907986667

作品紹介・あらすじ

数々の映画や文学作品でも知られる「バウンティ号の反乱」(1789年)。なぜこの英国艦は、はるばるカリブ海までパンノキを運んでいたのか。イギリスの植民地戦略を担った植物学者やプラント・ハンターたちの姿を通して、現在では憩いの場として利用される「植物園」の起源を描き出す。イギリス帝国史研究の原点にして、2020年2月に没した著者の遺著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【内容紹介】
    植物が育んだグローバル経済。イギリス帝国史研究の原点にして著者の遺作。

    大阪府立大学図書館OPACへ↓
    https://opac.osakafu-u.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2000942698

  • ふむ

  • 美しい装丁の本である。表紙の上からかかっている透ける素材の緑のカバーが、腰帯より大きく、完全なカバーより小さい微妙なサイズで、しかも、下の表紙と全く違う印刷なのだ。凝った装丁から、本を出版する側の思い入れが感じられる。
    内容については、著者がゲラ段階で逝去されたと言うこともあり、十分整理されているとは言えない。あちこちで同じ話を読まされるし、個々の植物園(地域)の話が、バラバラに語られている。地域や時期の差による特徴など(あるかどうか知らないが)、何かしらまとめ的なものや、その後の展開などがあったらよかったのにと思う。
    植物収集の目的に、鑑賞や博物学的な意味では無く、経済的な理由(食用、あるいは商品として)を見るのは納得できる。工業化以前の資源、商品として、植物産品は植民地化への動機、植民地経済を回す原動力であったのだ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1950年、福岡県に生まれ、2020年、滋賀県に没する。京都大学名誉教授。専攻は、西洋史。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。神戸市外国語大学、京都大学大学院人間・環境学研究科で教鞭を執る。
おもな著書に、『植物と市民の文化』(山川出版社、1999)、『越境する歴史家たちへ』(共編著、ミネルヴァ書房、2019)、翻訳に、ジョスリン・ゴドウィン『キルヒャーの世界図鑑』(工作舎、1986)、ジョン・H・ハモンド『カメラ・オブスクラ年代記』(朝日選書、2000)などがある。

「2020年 『植物園の世紀 イギリス帝国の植物政策』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川島昭夫の作品

ツイートする
×