• Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908055140

作品紹介・あらすじ

アントロポゾフィーとは、あらゆる生活領域に「人間性」を持ち込もうとする運動である。
現代西洋医学とアントロポゾフィー医学の世界が交わる時、ホリスティックな統合医療が誕生する。
アントロポゾフィーの思想、アントロポゾフィーの思想の医学への応用、内科、小児科、皮膚科、耳鼻咽喉科、歯科、精神医学、緩和ケア、看護、薬学、オイリュトミー療法、絵画・造形療法、音楽療法、バイオグラフィー療法。
各分野のエキスパートが自らの学びや体験を踏まえて執筆、「人間性」の医学であるアントロポゾフィー医学の全体像を紹介。

著者プロフィール

1963 年生。上智大学比較文化学科卒業。2016年まで日本シュタイナー幼児教育協会代表。
現在、学校法人那須海学園那須みふじ幼稚園理事長・園長を務めるとともに、高橋史とともにマルコ・カンパニーを開始。

「2017年 『シュタイナーのアントロポゾフィー医学入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シュタイナーのアントロポゾフィー医学入門のその他の作品

入間カイの作品

シュタイナーのアントロポゾフィー医学入門を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする