廃墟に咲く花

制作 : 根岸 純 
  • キノブックス
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908059087

作品紹介・あらすじ

一九三三年四月二十四日、若い夫婦が自殺した。その理由はいまも謎のまま-。よみがえる事件の記憶。過去と現在が錯綜するパリの街。著者渾身の自伝的傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  パリ、1933年4月。ある若い夫婦の突然の自殺。その昼まで普段と変わらない日常を送っていたT夫妻。 二人の謎の自殺。「 ぼく 」は その事件を伝える古い新聞記事を手掛かりにT夫妻の自殺の謎を追い始める。その夜 夫妻は、ある若い男女4人(2組のカップル)と出会い 意気投合して夜半まで行動を共にしたという。
    そして、その夜夫妻二人を死に至らしめたのは何であったのか…。

    というのが 一応の筋立てなのであるが、物語りはゆるゆると進み、一般的なミステリー小説のように、推理や論証がかっちりと積み上げられるわけでもない。そして謎は謎のままで終わる。真実探しと謎解きは、中途で放り出される。

    読み進めるうちに思い至る。この小説はT夫妻の死の真実を詳らかにするのが狙いでは無いことに。むしろ、人の人生には他者からは決して窺いしれぬ部分があるのだ。という諦観。サラりと乾いた諦めのような観念が主題の一つに思われる。

    さらに、物語りは「ぼく」自身の思い出へと転じてゆく。パリ左岸界隈での思い出。
    そして、思い出はかつて「 大学都市 」で出会ったパチェーコという男の記憶へと連なってゆく。
    パチェーコは謎めいた人物で、「ぼく」は彼の出自を調べ始めるのだが、調査の道行きのなかで、かつて独軍占領下のパリで、対独協力者であった者たちの存在に行き当たる。(ただし、パチェーコ自身が実際に対独協力者であったかは明確にされない)。そしてさらに「ぼく」の父もまた、占領下パリで、得体のしれない仕事に従事していたことの記憶が語られる。

    終章の一節。
    「 ある日のこと、証拠や手がかりでも探さないことには、彼らが本当に実在したことが自分でも分からなくなるくらいに、途方に暮れてしまうことがあるものだ。 」

    かような、他者の存在、他者の人生の実在についての不確かさ。それが、作品のテーマであるように感じた。

    初めてモディアノを読んだのだが、どこかポール・オースターの作品と共通するものを感じた。
    しかし、オースターの作品は、物語の舞台やディテールに抽象性が遺され、ファンタジーとフィクションの度合いを強く感じさせる一方で、ストーリー展開が力強く、グイグイ読ませる。
    一方、モディアノの作品は、パリ市街の通りの名前等のディテールは常に詳細に記され、記憶のモチーフの幾つかには、占領下パリの歴史など実際の史実へ繋がっており、具体性がある。だが、ストーリーは漠としており、靄がかかったようである。
    両者には、かような相違がある。 #

  • なんとも言えない読後感。読んで見なければわからない世界観だった。

  • 相変わらず、記憶と記録を手繰りながら、現実なのか、非現実なのか、境目がわからないまま、まるで、雨の中に溶け込んで見えなくなってしまうように、不意にストーリーが終わってしまう、なんとも言えない読後感。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1968年、La place de l'étoile でデビュー。1978年、ゴンクール賞(Rue des boutiques obscures)、1996年、フランス文学大賞(全作品)等々。2014年、ノーベル文学賞。「その記憶の芸術で、彼は人間のもっとも捉え難い運命の全てを呼び起こし、またナチス占領期の世界を明るみに出した」と評価される。邦訳に『パリ環状通り』(講談社)、『暗いブティック通り』(講談社/白水社)、『ある青春』(白水社)、『カトリーヌとパパ』(講談社)、『イヴォンヌの香り』(集英社)、『サーカスが通る』(集英社)、『いやなことは後まわし』(パロル舎/キノブックス)、『1941 年。パリの尋ね人』(作品社)、『廃虚に咲く花』(パロル舎/キノブックス)、『八月の日曜日』(水声社)、『さびしい宝石』(作品社)、『失われた時のカフェで』(作品社)等。1945 年、オー‐ド‐セーヌ県、パリ西部に隣接するブローニュ‐ビヤンクール生まれ。

「2015年 『迷子たちの街』 で使われていた紹介文から引用しています。」

廃墟に咲く花のその他の作品

廃墟に咲く花 単行本 廃墟に咲く花 パトリック・モディアノ

パトリック・モディアノの作品

ツイートする