感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白そうだと思い図書館で借りました。
    時々、物語ではなく、こういう読書好きの方のエッセイが読みたくなります。
    五十二人の作家の本をめぐるエッセイ集です。

    須賀敦子さんの「塩一トンの読書」は全集で一度読んだことがあるのに、全く覚えていなかったので、全集をもう一度読み返したいと思いました。
    浅田次郎さんが一日四時間の読書を毎日する話は、どこか別の本で読んだ記憶がありました。
    私も、毎日、四時間の読書の時間が取れれば、もっと幸せだろうな~。と思いました。
    長嶋有さんの「作家の好きな言葉」は笑いました!
    古いところでは、寺田寅彦「鸚鵡のイズム」、芥川龍之介の「田端日記」、室生犀星のエッセイではなく「門」という美しい詩も載っています。
    一番若いのは朝井リョウさんかな。

    何か面白そうな本が紹介されていないかと思ったのですが、古いのものが多く、私には難しそうでした。(古いものも、時間があればゆっくり読みたいものですが)
    でも、この五十二作のエッセイ自体がとても面白く、楽しい読書の時間でした。

  • 幅広い年代の作家たちの
    「本」についての想いのエッセイ。

    本に魅せられたひとたちの
    本に惹かれる想いは
    その作家を知らなくても
    好きな作家ならなおのこと

    よりいっそう本に惹かれていく
    エッセイ満載。

  • 秘め事のように本を読む。古書のページのあいだに残る誰かの痕跡を愉しむ。人生のうち死ぬまでに読書できる時間を数えてみる。崩れた本の山に滑って転ぶ。同じ本を30冊買う。……本が好きな人ってやっぱりちょっと変わっているのかもしれない。本への愛にずっぽりハマる、本好きにはたまらん52編! (アマゾン紹介文)

    紹介にもある通り、「本」をテーマにした一冊。
    愛憎入り混じったエッセイは、すらすらと読めました。
    シリーズがあればぜひ続けて読んでみたい。

  • 時間が無くて斜め読みのところもあるけど、すごく面白い。本が好きー!ってストレートなのもあるけど、ちょっとひねくれていたり、自嘲していたり、文章のうまさに唸ったり、共感したり、ちょっと引いたり(笑)どれもいいんだけど、開高健、夢枕獏、寺田寅彦なんかは良かったなあ。ドキドキしてしまったのは久世光彦。池内紀も。また読みたい。

  • 170715*読了

  • 図書館の本棚を眺めてたら気づいた。こないだの猫なんて!の本版。「なんて!」はシリーズなのか。こちらもややマニアックなセレクト。ちょっと生真面目すぎる印象。猫なんて!のほうが楽しめる。

  • 本にまつわるエッセイ集、なんだと思う。
    なんかまとまりがない。

  • 夢野久作「私の好きな読みもの」がよかった!

  • いろんな作家さんや詩人、エッセイストの本に関する話が読めて楽しかった!中でも「名作とは受け取り方が何パターンもある、読むときによって感じ方が毎回変わる本」って話がすごく納得した!それと、浅田次郎が毎日4時間読書の時間を確保するって話がすきです。

  • 本のエッセイアンソロジー。
    須賀敦子さんの『塩一トンの読書』は良かったです。(読みたい本に登録したまま、まだ読めずにいるのですが^^:)長嶋有さんの『作家の好きな言葉』には笑ってしまいました。有栖川有栖さんの『書斎の猫』も微笑ましい。でも嬉しかったのは萩尾望都さんの『いい子と悪い子と』。『グリム童話』も『金髪のマーガレット』、私も繰り返し読んだなぁ、と。感じたことは同じではないかもしれませんが、子どもの頃、同じ本を読んでいたのだなぁと思うと、嬉しいです。

  •  本に携わる人たち52人の本にまつわるエッセイ集。本を読むのも好きだけど、他愛ない本の話を聞くのも好きだ。なかでも椎名誠、夢野久作、山田風太郎のが面白かった。

  • 本に対するいろいろな気持ちが書いてあって、楽しいな~♪とサラサラ読んでいて、最相葉月さんの「翻訳・由利徹」がツボに入って爆笑した(^^;)

  • 草森紳一の「あとからゆったりと倒れる本の群れもあるのだ」がいちばん面白かったです。黒電話を移動させるとそのコードに引っかかって本が崩れ落ちる。コードレスホンでは想像し難いのですが、黒電話はコードの延びる範囲で移動可能であるものの、その分何かを倒す脅威がありました。

  • 一番心に残ったのは、久世光彦「太宰元年」。
    太宰治が死んだ年を「太宰元年」と、自分のなかで定義した。思い入れが深くなりすぎて、太宰の子を「懐妊」しているとまでいう。
    公的なような、私的なような、どこに向かって書いているのかわからなくなる不思議な文章。内緒話を聞いているみたいでどきどきする。

  • 図書館で借りた本。
    本に関するエッセイ集。
    今の気分が刺激を求めているのか、あまり夢中になれなかった。残念。
    日を改めて読めば、もっとマシな感想が書けるかな。

  • 本にまつわるさまざまなエピソード。楽しく読んだ。浅田次郎が役に立つのは小説、役に立たないのは「ノウハウ本」と書いていた。小説は想像力の開拓に寄与するのだそうだ。

  • 本は寝転んで読むのがいちばん。
    新しい本を手にすると、私はそれを持って寝転びにゆく。
    毛布か布団をかぶり、ひくいめの枕に頭を乗せ、顔と手だけだして穴のタヌキのような恰好をするのが大好きである。

    この開高健の文をよんで、わたしと同じ人がいるって思った。開高健が好きななった。

  • 作家×本の話ってほんと面白い。本と言っても読書のこと、本自体のこと、自分が書いた本、書棚のこと、いろんなエピソードが盛りだくさん。どれも興味深く読ませてもらったけど、初めの須賀敦子さんの塩1トンの話がすごく深くて、多分わたし一生忘れないと思った。(初めて読みした、須賀敦子さんの作品)

  • 2015/8/17

  • 作家に「本」のことを書かせるなんて!

    さぞかし、かしこまった性善説で溢れる本になると思いきや、さすが本職の作家たち!

    実に見事に、各種変化球を投げかけてくれるのでした。

    もう、まさしく、「ぼくのためにまとめてくれた本」みたいに思ったのですが、52話も集めてくると、さすがにストライクもあればボールもあり、共感できないハナシもあったのでした。

    ただ、「その方が自然で良かったのかも?」というのが素直な感想で、これは「恐るべし本」だと思いました!

    読書好きの方にお勧めします!

  • 作家による本にまつわるエッセイ集。芥川龍之介や夢野久作など、昔の作家から現代で活躍する作家まで幅広く掲載されており、時代を超えて本を愛するエッセイを読むのも楽しいと感じる。どの作家のエッセイも良かった。このエッセイ集で1番衝撃的だったのは小池真理子である。小池真理子の過去を知らなかったので、余計にびっくりしたのかもしれない。

全34件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

小説家(1892-1927)。東京帝国大学文科大学英文学科卒業。創作に励むかたわら、大阪毎日新聞社入社。「鼻」「蜘蛛の糸」など数多くの短編小説の傑作を残した。1927年、服毒自殺。

「2019年 『羅生門・鼻・蜘蛛の糸 芥川龍之介短編集 Rashomon, The Nose, The Spider Thread and Other Stories』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芥川龍之介の作品

本なんて!作家と本をめぐる52話を本棚に登録しているひと

ツイートする