エロ・エロ東京娘百景 (ぐらもくらぶシリーズ)

著者 :
  • えにし書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908073427

作品紹介・あらすじ

幻の発禁本、読みやすいワイド版、詳細な解説付で復刻!
昭和5 年11 月15日に誠文堂より発行され、12月23日に発禁処分となり、国会図書館にも蔵書のない『エロ・エロ東京娘百景』の復刻版。冒頭に『ニッポン エロ・グロ・ナンセンス』(講談社選書メチエ、2016)の著者、毛利眞人氏(本書監修者)による解説を増補し、各ページを拡大して収録のうえ監修者による註を挿入、理解の一助とした。虚実皮膜にありながら、現代にも通じる昭和初期の裸の東京を描いた貴重資料。

近代娘は奔放だ。
近代娘はエロチツクだ。
近代娘はジヤヅ的だ。
一瞬一瞬の情景と感情のモンタージュという点で、川端康成と吉行エイスケと『エロ・エロ東京娘百景』は血縁関係にある。この小さな百景は、虚実皮膜にありながら、昭和初期の裸の東京を描いている。そうして、読む人はここに描かれた都会のモンタージュにそっと現代社会を重ね合わせてみたくなるであろう。それこそが本書を復刻する意義である。……(あとがきより)

著者プロフィール

誠文堂が懸賞募集した十銭文庫(1930年に誠文堂が創刊したシリーズ)原稿の当選者とされている。

「2017年 『エロ・エロ東京娘百景』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エロ・エロ東京娘百景 (ぐらもくらぶシリーズ)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする