本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録

著者 :
  • 苦楽堂
4.11
  • (29)
  • (31)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 536
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908087059

作品紹介・あらすじ

「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう?物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まですべて掲載。堀部篤史さん(誠光社店主)との特別対談を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 駅前に出かけたら必ず1番町の『あゆみブックス』を覗くようにしている。

    ここの品揃えはかなり好みが似ていて、欲しいと思った本はだいたい揃えてある。

    という訳で、『ここなら置いてあるだろうな』と思って覗いたらきっちり面出しされていたので即購入。

    元リブロ池袋の店長、辻山氏が個人の新刊書店を立ち上げるまでの記録。

    夢を追いかけるだけじゃなくて、頭の片隅にお金のことを置きながらお店を作っていくのは会社勤めの経験があってこそだろうなぁ。

    こんな書店が近くにあったら生活がもっと豊かになるにちがいない。

    http://www.title-books.com

  • 広義、狭義問わず『本屋論』というものが注目されている。

    それは何故なのか。考えさせられる。

    一つは本屋には人生に必要な事が詰まっているから。

    現代のインターネットにおいては汎用性のみが重要視されます。
    Amazonの高評価の本だけが読まなければいけない本なのでしょうか?

    まとめサイトよろしくどれだけ労力をかけずに大きな利益を得るかが
    最重要課題、最優先事項とされています。

    ですが本というメディアは読んでみなければそれがどう活用できるかわかりません。

    一つ一つ積み上げるしかないのです。

    その積み上げたものがあまりにきれいだったので
    私も使ってみたい、真似してみたいというのが
    注目されている本屋論の一因だと思われます。
    ただそれは一長一短で真似できるものではありません。

    巻末の誠光社・堀江さんとの対談では

    まさにその真似をしたい人が話しかけてくるが
    何をしたいかイマイチわからない。

    質問の内容もどこで修業すればいいですか?
    インターネット販売は儲かりますかなど

    それはやってみないとわからないし
    あなたがどれに当てはまるかは今の時点では何とも言えない。

    修業はどこでもできる。何を修業と思うか、やり方次第。
    置かれたところで咲きなさいなのである。

    いい読者である必要性は全くない。
    もっと読書は自由であるべきだ。

  • 東京・荻窪の幹線沿いに個人新刊書店を開いた店主による主に本屋を始めるまでの記録集。比較的わかりやすく読みやすい文章で全体的に落ち着いたトーンで書かれている。新刊書店を何かに置き換えてもヒントになるような本。

  • 荻窪の本屋さん【Title】のできるまでと、今、これから。
    淡々と語られる様子が、すごくいい。
    なんだかとても優しい空気がある。
    本屋にとって大切にしたい事が散りばめられた本だ。
    色々大変なんだろうけれど、すごく羨ましい暮らしを見た。

  • 本が大好きで、大きな書店に勤めていた人が書店の閉店を機会に自分で本屋さんを始める。

    始めるに至る経緯と、始めるためにやったこと、始めてからのこと、この本はちょうど開店から1年後の2017年、今年の1月10日に出版されている。

    そうか〜本屋さんってこうやって作るんだ、とワクワクしながら読んだ。最後の対談でも言われている通り、店主によってそれぞれ本屋さんの作り方は違うのだけれど、ワンオブゼム。おもしろかった。
    店舗の建物を探し、どんな本を置くかを考え、カフェをどうするかといったことを決めていく辻山氏の行動をたどっているうちに、新しい土地の図書館づくりに取り組むあの人のことが思い浮かんでお勧めしてしまった。
    ある町に、その町の本屋を作ること、〈みんな〉のための本屋ではなくて。町の人の生活と身近な場所にありながら、そこに住むある一定の趣味や志向を持つ人には支持される品ぞろえをしてその人たちが興味を持つようなイベントを提供すること。この覚悟が大事なんだろうな。

  • 辻山さんが、わたしと同じ(ような)ことを感じはったんやなと思うところ(P53、P201~205)があって、急に親近感。
    誠光社の堀部さんとの対談や緻密に練られ計算された事業計画書を読み終えて、また突き放された感じもする。
    即席の、お店屋さんごっこしてるおばちゃんも、プロ目指して「蓄積」していくよ。

  • 自伝形式な部分と数字の部分があって、本屋が作られる過程を想像しやすかったです。今度行ってみたいです。

  • やってみたいものだ。

  • 書店を開くまでの話。エッセイ。非常に具体的。

    環境が良すぎると満足して本などの文化的なものを渇望しなくなる
    読書の人口のすそ野を広げるよりも今読んでいる人に続けて読んでもらう

    本を考えるいい一冊でした。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

辻山良雄(つじやま・よしお)
Title店主。1972年、神戸市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。97年、リブロ入社。大泉店、久留米店、福岡西新店を経て、広島店と名古屋店で店長を歴任。名古屋時代は街ぐるみの本のイベント「BOOKMARKNAGOYA」初代実行委員の一員を務める。2009年より池袋本店マネージャー。15年7月の同店閉店後退社。
16年1月、東京・荻窪に「Title」を開業。代表作に『本屋、はじめました』(苦楽堂、2017)『365日のほん』(河出書房新社、2017)。
(2018年5月10日最終更新)

辻山良雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木村俊介
ピエール ルメー...
田口 幹人
宮下 奈都
夏目漱石
村田 沙耶香
ヨシタケ シンス...
エラ・フランシス...
三浦 しをん
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録を本棚に登録しているひと

ツイートする