超説ハプスブルク家 貴賤百態大公戯

著者 : 菊池良生
  • エイチアンドアイ (2016年2月1日発売)
2.60
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908110030

超説ハプスブルク家 貴賤百態大公戯の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しらずに借りたけど、主役はヨハン・サルバトール大公だった!
    好きなタッチの書き方ではなかったけど、ジャンナについて色々書いてくれてありがとう!

  • トスカーナ・ハプスブルク家にはかねて興味があったが、いかんせん情報が少ない。本書の主人公はヨハン・サルヴァトーレ、「ハプスブルクの子供たち」(テア・ライトナー)で取り上げられたルイージ・サルヴァトーレの弟である。
    さて主人公…である「はず」なのだが、講談調のこの作者、どうも話があっちへ逸れこっちへ飛びする。結局——本の表題もそうなっているが——19世紀末から20世紀初頭にかけて「陽の沈みゆく帝国」ハプスブルクに現れたドラ息子どものうち、貴賤結婚に至った者を広く、いささかとりとめなく扱ったものとなっている。そんな人間が片手に余るほどもいること自体が、ハプスブルク体制のゆるみを如実に物語るというものだ。
    それにしても古今東西を問わず、厄介=部屋住みの次男以下とは苛酷な境遇であるようだ。ヨハン・サルヴァトーレも言うなればしょーもない人物なのだが、彼ら「厄介」の抱える閉塞感はリアルに伝わってきた。

    2016/2/3読了

全2件中 1 - 2件を表示

菊池良生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ホルヘ・ルイス ...
有効な右矢印 無効な右矢印

超説ハプスブルク家 貴賤百態大公戯はこんな本です

ツイートする