今世紀は日本が世界を牽引する

  • 悟空出版
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908117206

作品紹介・あらすじ

世界が自由主義・民主主義・市場経済というグローバリズムで動く中、中国の大崩壊、そしてそれを発端とした韓国経済の破綻が目の前に迫っている。2016年を迎えた中国・韓国は、もはや「反日」を捨て、協調路線を模索するしかないところまで追い込まれる。またEU諸国の凋落は留まるところがなく、混乱は続く。結局、世界経済を牽引していけるのは、日本とアメリカだけだ。その構造は今世紀いっぱい続くことになる。その理由とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/08/22:読了
     いまいち、 「日本が世界を牽引する」ことを、飲み込めない。
     まず、現在の人口減をどうにかせんと...

  • 中国、韓国、北朝鮮、ロシア、といった、日本から見たら心配になる動きをする国々がある。本書は現状を分析し、これらが本当に心配することなのか、について論理的にアプローチしている。

    また、軍拡と経済のつながりもわかりやく描写され、今の世界情勢まで、俯瞰できる良書とかんじた。

    イスラムの描写が不足している感があり、そこだけは残念だった。

全2件中 1 - 2件を表示

今世紀は日本が世界を牽引するのその他の作品

今世紀は日本が世界を牽引する Kindle版 今世紀は日本が世界を牽引する 長谷川慶太郎

長谷川慶太郎の作品

ツイートする