カラスと京都

著者 :
  • 旅するミシン店
3.56
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784908194030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カラスの行動学をわかりやすく書いた著書のある松原氏が、地震の京大での学生生活をつづった本。
    昭和の学生のようなの学生時代と(平成の話ですが)カラス愛に満ちた研究生活。読んでいて楽しかった。
    京大の折田先生像については、初めて知ったが、像をデコレーションし続ける学生たちと、それを容認している京大が素晴らしい。

  • 最近京都大学と吉田寮に行ったので(行っただけ)内容がすごくタイムリーだった。動物の調査ってやっぱり地道なもんなんだな。みんな大好きカラスくんのカットは、相変わらず可愛らしくて良いよね。

  • おもしろい。野外での研究のようすと京都大学で学ぶことがどのようなことなのかが良くわかる。楽しい本です。

  • 松原先生の京都生活が詰まった一冊。折田先生像とか野研とかネタ満載。最後のαβ夫婦の話にはほろっとくる。

全4件中 1 - 4件を表示

松原始の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
大竹 昭子
ヨシタケ シンス...
三浦 しをん
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする