小辞譚: 辞書をめぐる10の掌編小説

  • 猿江商會
3.25
  • (3)
  • (5)
  • (8)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 84
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908260070

作品紹介・あらすじ

詩人、小説家、女優、落語家、写真家、批評家……。異なる10の才能が描いた〝辞書と言葉と想い〟の小さな物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • sc

  • 辞書をテーマにした10編の小説、それぞれの著者が辞書に与える役割が違っているのがすごかったし、どれも面白かった。

  • これ、掲載順あえてなんだろうけど
    せっかく「辞書」しばりなんだから、あいうえお順のが良かったんじゃ…???とか思ったりしたり

  • 辞書にまつわる10の短編。
    ほのぼのしたり、じんわりしたり、ホラー風だったり。
    面白い。

  • "辞書"を必ず登場させるという前提での小編集。作者がみな違い、短編ページ群ごとに辞書のような黒塗りのラインが入っているのも面白い。
    主に若手、と言うか50代前半以下の著者ばかりで構成されているのは意図的なのだろうな。
    え?、このような人が短編でも小説書いたの?、って著者も含まれていて、その点でも面白い。どれを読んでも外れが無く、とても楽しめた!
    短編集はいろいろ、あるがこれは秀逸なのでは? 少なくとも自分には、結構ストライクな書籍だった。
    出会えて良かった。企画・編集してくれた方々にも感謝。

  • 辞書をキーワードに書かれた短編集。どれをとっても軽い小説。

  • 装丁が面白い。
    10人による10編の短編集。

    『無頼漢、直治伝』とラストで主人公が「「辞書に殺される!」」と叫ぶ話が面白かった。

  • 読んでみて、一つなにかテーマを与えられて、それについて書くのは難しいんだなと思った。最後の「祖父のルーペ」は好き

  • 知っているのは小林恭二と藤谷治だけだったけど、テーマと装丁に惹かれて読んでみた。
    やっぱり小林恭二の「或る騒動」がいちばん好きだなあ。
    中川大地の「レキシカントは言霊生命の夢を見るか?」もSFチックで嫌いじゃない。藤谷文子の「引っ越し前」はオチがちょっとすき。

  • 装丁、タイトル、セットリスト、デザイン、コンセプト、全てがすきだなぁ。辞書をめぐる10の物語。贈り物にもおすすめです。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

文月悠光(ふづき・ゆみ)。詩人。1991年北海道生まれ。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。
高校3年時に出した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩
賞を最年少の18歳で受賞。早稲田大学教育学部在学中に、第2詩集『屋根よりも深々と』を刊行。
NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆など広く活動している。

文月悠光の作品

ツイートする
×