スケッチ&フィニッシュ ミルトン・グレイザーのデザイン作法

  • トゥーヴァージンズ
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908406775

作品紹介・あらすじ

絵文字の元祖?!

I♡NYのロゴでも知られる世界的デザイナー、ミルトン・グレイザーが教える、デザインで本当にたいせつなこと。


本書は、グレイザー自ら作品のスケッチから完成までの道のりを示し、彼の創造的なプロセスを説明する、新しいデザインの教科書。
グレイザーは、展示会からインテリア、プロダクトデザインまで手がける「本物」の総合的デザイナー。本書には、ロゴを含む、あまり知られていないものから代表作まで、さまざまなプロジェクトを例として掲載している。

「スケッチをしている最中にためらうことこそ極めて重要だ。疑いを抱くことが不可欠なのだ。最初から答えがわかっているなら、わざわざ面倒なことをする必要はないのだから。答えを決めつけてしまうと、創造力を発揮することができなくなる」(本文より)

彼にしか語ることができない、優美さと時代を超えた匠の技をもって、それぞれの作品の核心に光を当てる。
スケッチ、完成作品、合計約200点掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • グレイザーは
    「スケッチは、大雑把な下書きではなく、心からの想像の旅への誘い思いたい。」
    と前書きに書いている。

    そのスケッチからフィニッシュを比較して見開きで示している。

    コンピュータで作成すると、スケッチがフィニッシュに近いものになってしまう。

    それでは面白くない。

    そんな視点で、本書のページをめくっていき、作者がスケッチからどの様にして、フィニッシュを迎えたのか考えてみると、何か楽しくなってくる。

全1件中 1 - 1件を表示

ミルトン・グレイザーの作品

ツイートする
×