鯉江良二物語

著者 :
  • 生活の友社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908429286

作品紹介・あらすじ

「土を母に、火を父に生まれた野生児、
良二にこの本で久しぶりに会えた。」
──谷川俊太郎 氏・帯コメントより

鯉江良二は1938年、歴史ある窯業の地として知られる愛知県常滑市に生まれた。アルバイトにより右手指2本の第1関節を失うも、高校でやきものの基礎を学びタイル制作会社に入社、タイル製造などに関わった後に、陶芸の道に進む。現代日本陶芸展や朝日陶芸展に出品し入賞。71年に名古屋市の栄公園で自身の顔を型取ったマスクに砂を詰めて並べた作品「土に還る」を発表して陶芸界に新風を巻き起こしてからは、陶芸家・現代美術家として国内外でその名を広めた。90年代以降は、愛知県立芸術大学で教鞭を執る他、世界中でワークショップを開催するなど、積極的に学生の指導にもあたった。
本書は、ギャラリストとして鯉江と共に歩んできた梅田美津子(ギャラリー器館 店主)が、破天荒なその作陶生活を綴ったエッセイ。

著者プロフィール

1984年、京都紫野に〈ギャラリー器館〉を夫と開廊。2006年より日本陶磁協会月刊誌『陶説』、社会芸術学会機関誌『社藝堂』などに、やきものについてのエッセイを発表。これまでの主な執筆テーマは「鯉江良二」をはじめとして、「本阿弥光悦赤楽茶盌乙御前」「北宋汝窯水仙盆」「南宋修内司官窯」「古常滑不識水指」「古常滑大甕」ほか。06年に修学院荘、08年に大山崎聴竹居、10年に東京国立近代美術館工芸館にて、現代陶芸作家たちとの茶会「試みの茶事」企画進行。

「2020年 『鯉江良二物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鯉江良二物語を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×