どうにもアトリエ日記

著者 :
  • 生活の友社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908429293

作品紹介・あらすじ

2020年12月に、満100歳を迎える巨匠・野見山暁治(洋画家・文化勲章受章者)。時流にとらわれることなく、ひたすら自己の絵画と格闘し続けてきた野見山は、その作品だけでなく、文章にも多くのファンを持ち、『四百字のデッサン』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞している。雑誌「美術の窓」で2003年12月号から続くエッセイ《アトリエ日記》は、これまで単行本として5タイトルを刊行。シリーズ最新刊となる本書では、2017年3月から、雑誌で連載第200回となった2020年4月までの日記が収載される。

著者プロフィール

1920年福岡県生まれ。43年東京美術学校油画科を卒業。応召、45年傷痍軍人福岡療養所で終戦を迎える。52〜64年滞欧。58年安井賞受賞。68〜81年東京藝術大学勤務。78年『四百字のデッサン』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。96年毎日芸術賞受賞。2000年文化功労者顕彰。14年文化勲章受章。

「2020年 『どうにもアトリエ日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野見山暁治の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×