みんなが輝くために1 (舞台は通級指導教室)

著者 :
  • 学びリンク
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908555275

作品紹介・あらすじ

舞台は通級指導教室。子どもたちが輝きを得る物語!

本書は、ある小学校の通級指導教室を舞台に、
学習障害などの発達障害のある子どもたちが抱える学校生活や
日常生活での困りごと、指導方法などを
マンガで分かりやすく紹介しています。

1巻では、なかなか漢字が覚えられずに困っている男の子、
他のことに気を取られてぼーっとしてしまう女の子、
字を読むのが苦手で音読やテストに苦戦する男の子、
コンパスなど手先を使う細かい動きにてこずる女の子をメインにした4つのエピソードを収録。
子どもたちはどんなところで困っているのか、
どんな思いを抱えているのか、学校でどういった支援をしていけるのか、
マンガを通して新たな気づきを得ることができます。

本書では、「UDデジタル教科書体 pro」のフォントを使用しています。
文字の太さの強弱を抑えたユニバーサルデザイン書体のフォントで、
ロービジョン(弱視)、ディスレクシア(読み書き障害)のある方にも読みやすいデザインとなっています。

〈あらすじ〉
特別支援教育を大学で教えていた松平彩は、
あるとき小学校の通級指導教室の担当に任命される。
漢字が書けない、ボーッとしてしまう、字が読めない、手先が不器用など…。
さまざまな困難さや学校生活を送るうえでの悩みを抱えた子どもたちや担任が彩のもとを訪れる。
〈出版社からのコメント〉
原作は発達障害教育、特別支援教育に明るい
宮城学院女子大学の梅田真理教授。
実際現場で発達障害の子どもたちと関わってきた経験から、
子どもの困り感や保護者の不安、
担任教諭の戸惑いなどをリアルに描いています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [鹿大図書館学生選書ツアーコメント]
    通級指導教室のことを知りたかったから。書店のランキングの上位にもきていて良い本だと思う。
    原作は発達障害教育や特別支援教育をよく知る方ということで、信頼も高い

    [鹿大図書館・冊子体所蔵はコチラ]
    https://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BC01770271

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

宮城学院女子大学教育学部 教育学科児童教育専攻 教授
仙台市教育委員 (2019.10~4年間)
(社)日本LD学会
(財)特別支援教育士資格認定協会
(社)日本特殊教育学会 日本感覚統合学会

「2020年 『みんなが輝くために2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅田真理の作品

みんなが輝くために1 (舞台は通級指導教室)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×