We Don't Know God: Chim↑Pom 2005–2019

著者 :
制作 : 会田 誠、ホウ・ハンルー、椹木 野衣、窪田 研二、キティ・スコット、ジェイソン・ウェイト、阿部 謙一 
  • ユナイテッドヴァガボンズ
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908600036

作品紹介・あらすじ

現代社会に全力で介入したメッセージ性の強い作品を生みだす日本代表のアート集団、Chim↑Pom(チン↑ポム)の最新作品集を刊行致します。 Chim↑Pomの作品は、ニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館のパブリックコレクションに収蔵が決まるなど、国際的なアートシーンでの活動や認知がますます広がっています。 本書は、Chim↑Pom自身による詳細な解説を付し、14年に及ぶ活動を網羅した集大成です。最初期からの作品から最新作まで全292ページにまとめた読み応えのある作品集となっております。 作品の寄稿者は、会田誠、ホウ・ハンルー、椹木野衣、窪田研二、キティ・スコット、ジェイソン・ウェイト、阿部謙一の総勢7名。いずれも国内外の第一線のアーティスト、美術評論家、キュレーターで豪華な執筆陣を迎えています。このダイバーシティに富む布陣や評論の充実も見所です。 本書のデザインにも工夫を凝らし、今注目のブック・デザイナー、セプテンバー・カウボーイの吉岡秀典が担当しています。本の表紙には、ワックスで紙を溶かす特殊な加工を用い、裏にプリントされているデザインを浮かび上がらせる手法が取られています。収録されている作品のみならず、本自体のアート性も高い仕上がりになっています。また、海外でも同時発売のため、日英バイリンガルで表記しています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • メタな視点。
    外から社会システムを眺めて、
    時に批判し、たいていは遊び続けるという距離の取り方。

    そうすることで意識されるシステム内の輪郭。

    chimpomは、わかりやすいのがいい。

  • Chin ↑ Pomの歴史を一覧できて、これからの活動がさらに楽しみになります。他にも合わせて読みたい本があったので改めて書評にまとめよう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

卯城竜太・林靖高・エリイ・岡田将孝・稲岡求・水野俊紀が、2005年に東京で結成したアーティスト集団。時代のリアルを追究し、現代社会に全力で介入したメッセージの強い作品を次々と発表。世界中の展覧会に参加するだけでなく、自らもさまざまなプロジェクトを展開する。2015年 アーティストランスペース「Garter」を東京にオープンし、同時代のさまざまな表現者たちの展覧会もキュレーションしている。また、東京電力福島第一原発事故による帰還困難区域内で、封鎖が解除されるまで「観に行くことができない」国際展「Don't Follow the Wind」の発案と立ち上げを行い、作家としても参加、同展は2015年3月11日にスタートした。以来、最近はさまざまな「ボーダー」をテーマにしたプロジェクトも展開しており、2017年には、メキシコとアメリカの国境沿いで制作したプロジェクト「The other side」を発表。2015年、 Prudential Eye AwardsでEmerging Artist of the Yearおよびデジタル・ビデオ部門 の最優秀賞を受賞。

「2019年 『We Don't Know God: Chim↑Pom 2005–2019』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Chim↑Pomの作品

ツイートする
×