敏感すぎる人が快適に生きる本 ─HSPの能力を生かす─

著者 :
  • 株式会社トリア
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784908614019

作品紹介・あらすじ

環境の影響を人一倍受けやすいという特徴を持つ非常に敏感な人々を
HSP(=Highly Sensitive Person)と呼びます。

HSPは人間関係、騒々しい音や強いにおいなどの刺激、
さらには周囲にいる他人の感情や体調にまで過敏に反応してしまうため、
過度のストレスから心身に不調をきたします。

日常が生きづらく苦しみや辛さを抱える人、
もしかしたらHSPかもしれないと不安な人、ぜひご一読ください。

きっと心が軽く、明るくなるはずです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • HSPの本で腸内細菌に言及しているものは初めて。

    腸内細菌とメンタルの関係はわかりやすくて興味深い。食生活改善でメンタル改善できる。

  • とてもわかりやすく、日々の生活の改善点も書いてあり、試してみやすい。また読み返したい一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

苑田 純子(そのだ・じゅんこ)

一九六三年生まれ。元予備校講師。
自らもHSPとして体調不良や心の乱れに悩まされた経験から、
「敏感すぎる気質」がなぜ生まれるのか、
またその対処の仕方について研究を行ない、
広島大学との共同研究、テレビ出演などを重ねてきた。
現在はHSPにとどまらず、「敏感さ」に悩む様々な人々が
自分らしい生き方を見つけていけるよう尽力している。

「2020年 『ちょっと「敏感な人」が気持ちよく生きる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

苑田純子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×