子どもが論理的に考える! “楽しい国語"授業の法則

著者 :
  • 学芸みらい社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908637469

作品紹介・あらすじ

文学作品を読んで「作者の気持ちを間い」あとは漢字習得を宿題にしてきた過去の国語授業。これでは、グローバル社会に生き残ることは出来ない。論理で成り立っている世界の人材を相手に論理で交渉できる人間を、「国語授業で育てよ う」その土台づく りの 1 丁目一番地が本書だ。

著者プロフィール

1968年東京学芸大学卒業後、東京都大田区立小学校の教師となり、2000年3月に退職。全国の優れた教育技術を集め、教師の共有財産にする「教育技術法則化運動」TOSSを始め、現在もその代表を務める。

「2018年 『発達障害のある子を担任! どんな準備をするか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

向山洋一の作品

ツイートする
×