幸運と不運の心理学: 運はどのように捉えられているのか?

著者 :
  • ちとせプレス
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908736209

作品紹介・あらすじ

運を心理学から解き明かす
運とはいったい何なのか。運の強さやツキはどのように語られ,認識されているのか。運を「譲渡する」現象はどのように捉えられているのか。日常生活の中から,さまざまな記事やノンフィクションにおける運の描かれ方を分析し,その実態に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2004年,大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。現在,関西国際大学現代社会学部准教授。
主要著作に,「『運の強さ』とその認知的背景」(『社会心理学研究』18, 11-24, 2002年),「『運を消費する』という物語」(『質的心理学研究』5, 146-164, 2006年),「『幸運』な事象は連続して起こるのか?―『運資源ビリーフ』の観点から」(『社会心理学研究』25, 30-41, 2009年),「『幸運の相対性仮説』とその検証」(『社会心理学研究』28, 147-157, 2013年),「『運資源ビリーフ』に地域差や世代差は見られるか?」(『心理学研究』87, 89-94, 2016年)など。

「2020年 『幸運と不運の心理学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×