最新科学が教える! ピッチング技術

著者 :
  • エクシア出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908804601

作品紹介・あらすじ

「腕をもっと強く振れ」「ヒジを高く上げろ」「上から叩け」「ゴロを打て」「低く構えろ」 こんな指導は古いです!
動作解析の第一人者である、筑波大学硬式野球部監督の川村卓教授が「科学」×「野球」を徹底分析!
「本」×「動画」で効果的なトレーニングを動画で確認できるようにしました!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ーー腕をもっと強く振れ」「ヒジを高く上げろ」「上から叩け」「ゴロを打て」「低く構えろ」 こんな指導は古いです!動作解析の第一人者である、筑波大学硬式野球部監督の川村卓教授が「科学」×「野球」を徹底分析!「本」×「動画」で効果的なトレーニングを動画で確認できるようにしました!ーー

    子供たちのスポーツ応援企画番組「ライオンのグータッチ」を見ていると、コーチングの大切さがよくわかります。
    逆にいえば、素人同然のコーチに教わらざるを得ない子供たちは可哀そうです。子供の個性を伸ばしながら、適切なアドバイスと目標設定をゲーム感覚で楽しく教えられる人材の確保は、アマチュアスポーツの世界でも大切です。もし、そんな恵まれた環境ではない、あなた。その場合は、本書のような手引を活用することが効果的です。とはいえ、本書の内容はコーチやスタッフ向けに書かれたもののようですので、子供でも理解できるような図解入りの単純明快な決定版が欲しいところです。
    カーブの軌道がストレートと比べて75cmも外に出ていく図(P155)や変化球の握り方(P164~)やナックルボールが揺れ落ちる理由(P174)など興味深かったです。

  • 私は野球に対して素人です。
    子供が野球を始めたので、勉強の為にこの本を手に取りました。そんな私の感想です。

    データを載せて説明してあったので、一応根拠はあるな、と、まずは納得。
    ただ、データの基がとても片寄ってる印象。また、N数も少ないので、信用出来るデータなのか、腑にはおちてません。
    また、結局は個人にあった練習を……とのことなので、必ずしも万人に通用する内容ではないのかな?当たり前かもしれないですが。

    ストレッチや練習内容は参考になるので、取り入れてみたいと思いました。

  • 図書館がおくる、「クラブ・サークル向けおすすめ図書」

    クラブ・サークル名 野球部

    請求記号  783.7/Ka
    所蔵館 2号館図書館

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1970 年生まれ。筑波大学体育系准教授。筑波大学硬式野球部監督。全日本大学野球連盟監督会運営委員、首都大学野球連盟理事・評議員。札幌開成高校時代には主将・外野手として夏の甲子園大会に出場。筑波大学時代も主将として活躍。筑波大学大学院修士課程を経た後、北海道の公立高校で4 年半監督を経験。2000 年12 月には筑波大学硬式野球部監督に就任。2006 年、秋季首都大学野球リーグ優勝を果たす。主にスポーツ選手の動作解析の研究を行っている。

「2021年 『野球の科学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川村卓の作品

ツイートする
×