唐津くんちの曳山の物語

著者 :
  • プランニングアドゥ
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (114ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908908033

作品紹介・あらすじ

江戸時代、高々6万石の唐津藩で、あの豪華絢爛な曳山をどうして造ることができたのか?
唐津町人はどのような時期に、どのような思いで、あの曳山を造ったのか?
唐津曳山の様式は京都流か? 江戸流か?
約150~200年の歴史を持つ曳山は、どのようにして維持保存されてきたか?
山車を出す祭りはあまたある中で、唐津くんちの曳山はどのような特徴を持っているのか?
唐津出身の著者が唐津の曳山への思いを語る。

著者プロフィール

昭和17(1942)年5月 埼玉県旧浦和市生まれ
昭和20(1945)年   唐津市坊主町に居住
昭和36(1961)年3月 県立唐津東高等学校卒業
昭和36(1961)年8月 唐津から単身転出
昭和51(1976)年2月 神奈川県座間市に居住
平成24(2012)年~  財)全国唐津っ子連合に参加
           唐津に通い調査活動
           松浦史談会会員
平成30(2018)年3月 同連合解散

「2020年 『唐津くんちの曳山の物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

唐津くんちの曳山の物語を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×