無名の開幕投手 高橋ユニオンズエース・滝良彦の軌跡

著者 :
  • 桜山社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784908957154

作品紹介・あらすじ

名古屋市にある南山大学を卒業し、プロ野球で開幕投手を務めた滝良彦さん。
1954年(昭和29年)から56年まで、わずか3年間存続した高橋ユニオンズで、
レジェンド級の選手と互角に渡り合った。
高橋球団初年度には開幕投手を務め、3年でチーム最多の31勝を挙げた”心優しきサイドスロー”滝良彦の生涯を描くノンフィクション。

「滝さん……穏やかすぎるいい人でした。
技巧派投手でセカンドを守っているとゴロがよく飛んできました。ーー佐々木信也
(元プロ野球選手、元「プロ野球ニュース」キャスター、野球解説者)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作者の野球愛、母校愛、そして人間愛を感じる本でした。滝さんが、メインだか、サイドストーリーが盛りだくさん。愛知六大学ばんざい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

佐藤啓(さとう はじめ)
1962年生まれ。愛知県出身。1986年、南山大学文学部教育学科卒業。損害保険会社勤務を経て、1990年5月、 中京テレビ放送にアナウンサーとして入社。同年6月、巨人中日戦「ドラゴンズ応援放送」の副音声実況でデビュー。1991年から日本テレビの「ズームイン‼︎朝!」、「ズームイン‼︎SUPER」で中京地区キャスターを20年担当。他に「スポーツスタジアム」、「ストライク!」MC。プロボクシング世界戦を10試合実況し、サッカー、プロレス、アイスホッケー、 バレーボール、フットサル、ソフトボール中継も担当。2010年から5年間アナウンス部長。2013年、野球雑誌の記事で大学の先輩である滝良彦氏の存在を知り、その半生をまとめた。趣味は旅行、読書、映画鑑賞、スポーツ観戦。

「2020年 『無名の開幕投手 高橋ユニオンズエース・滝良彦の軌跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤啓の作品

ツイートする
×