さいはて紀行

著者 :
  • シカク出版
3.63
  • (4)
  • (9)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 82
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909004697

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何かのレビューで見て、購入したのだけど、何の縁があってか、二冊届きました(笑)
    返品する手続きも面倒なので、贈る相手を考えながら読むという、不思議な体験をする。

    さいはて紀行。まさにタイトルまんまだな。

    トータルで言うと、ストリッパー系の話が多い。老若男女問わず。好きなんだね。
    でも、そちら方面だけでなく、淀川アンダーブリッジと称して、河川敷で暮らす?人と触れ合ってみたり。
    刑務所の就業施設として開かれている美容室に髪を切りに行ってみたり。
    食に向けば、ゴキブリに手を出してみたり。

    かと思うと、祖父の臨終の話が出てきたり。

    まとまりがない!
    ……訳ではないのだ。
    なぜかどれを読んでも、筆者の眼差しを素直に感じることが出来る。
    風変わりなスポットを楽しむというより、自分では到底行かないであろう秘境を見つめてきた筆者に寄り添っている私が、いる。
    不思議と。

    コマーシャルのように、さもおもしろおかしく書こうとしている訳ではないからかもしれない。
    使命感とか、エネルギッシュさも、失礼かもしれないけれど、あまり感じないからもある。
    好奇心で近付いていくのに、犬を食べる直前になると涙したり。
    おばあちゃんストリッパーに対しては、なんとも言えない残念さを感じたりもするのだから。

    でも、そういう温度の本だから、また読んでみたいと思わされた。
    これは、きっと彼女にしか書けない類の本だと思う。

    あまりレビュー数がないようなので、丁寧に書いておきたくなりました。
    ちなみに表紙の感じも好き。

  • なんだろう、すごいものを読んでしまった。というか、そういう人たちがいるのはわかるが、知ってしまったという禁忌に触れてしまった感。

    淀川河川敷の一遍がなぜかとても好きだ。自分も河川敷の怖さと魅力にいつも惹かれているが、実際に探検をしたことはほぼない。ので、実態の一例を知ることができたのはなんというか、嬉しい。
    それを除いてもピカソの出会いと別れなど、このまま短編小説として成り立ちそうな章だ。

    また、路上観察に興味ある人なら誰でも好き… とまではいかないが気になっているであろう、「死後さばきにあう」系のキリスト教看板。
    それが作られているところのレポートは、実はとても貴重なのではないだろうか。

    最高齢ストリッパー、タイのホモセックスショー、刑務所美容室、虫食…
    普通の人なら行かない場所が普通に出てくる。
    人の可能性とかそういう話じゃなく、ただただ人とは… という気持ちになる。

  • 最高齢なのに新人というストリッパー、川辺でありもので掘っ立て小屋を建てた淀川のピカソ、福島の場末のしおを吹くというストリッパー、犬鍋を食べるということへの葛藤と恍惚、キリスト教看板への愛着と作成者たちとの交流。○○のさいはて、という題で語られる連作紀行。ゴキブリ、犬鍋と「どうしたかというと、結局たべました」が2度ほど繰り返されたのが可笑しい。/以下備忘録的に。/ホームレスになる理由のなかで意外と多いのは「財布をなくしたから」というものなんだそうだ。/バナナパフェカレー、コーヒーラーメン、喫茶マウンテン……ハイブリッド奇食と呼ばれる、食べ物の組み合わせ系の奇食。

  • すげぇ。とてもできない。

  • ‪都築響一氏絶賛の珍スポットトラベラーによるルポ。扱うものは性、罪、異国、食、宗教などの果てにある有りのままの姿。タイのゴーゴーボーイズ、最高齢ストリッパー、キリスト教看板制作など単なる観察ではなく当事者との密接な距離感に驚く。‬

全5件中 1 - 5件を表示

金原みわの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
又吉 直樹
朝井 リョウ
西 加奈子
今村夏子
末井 昭
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×