おばあちゃん、わたしを忘れてもいいよ (朝日小学生新聞の人気連載)

著者 :
  • 朝日学生新聞社
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (100ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909064714

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 子どもと一緒に読みました。
    ところどころ、自分の体験と重なって涙が止まりませんでした。認知症という悲しい病気ですが、家族が明るく前向きなのがとても良かったです。

  • 辰子という名前がださくて嫌いな主人公が、おばあちゃんの認知症と長唄との出会いにより、自身の名に込められた意味を知り、名前も好きになることができる物語。表紙がちょっとキラキラしすぎてて物語と少しアンマッチ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

静岡県生まれ。2018年に第1回青い鳥文庫小説賞大賞を受賞し、青い鳥文庫より『キミマイ きみの舞(全3巻)』を刊行。第9回朝日学生新聞社児童文学賞受賞作『おばあちゃん、わたしを忘れてもいいよ』(朝日学生新聞社)が発売中。

「2019年 『おもしろい話が読みたい! ゲキ恋!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

緒川さよの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×