ポストコロナのキャリア戦略 経営×ファイナンス

  • ロギカ書房
3.58
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909090515

作品紹介・あらすじ

 新型コロナウイルスの世界的大流行が、日本経済および社会の変化を猛烈に加速させています。
  とりわけ労働市場では、コロナショックをきっかけに、人に仕事を割り当てる「メンバーシップ型」よりも、仕事に人を割り当てる「ジョブ型」を求める流れ、「ゼネラリスト」よりも「スペシャリスト」を求める流れが加速しています。ビジネスパーソン側でも、組織に頼らず、どのような時代になっても生き残ることのできる、自立したキャリアを築きたいという志向が高まってきています。
 コロナショック以降、より顕著になった、こうしたキャリアニーズに対応するために、ビジネスパーソンはどのような能力を身に付ける必要があるのでしょうか。時代の先行きがこれまで以上に不透明になるなかで、どうすればビジネスパーソンとして自己の職務に誇りを持ちながら、人生をサバイブしていけるのでしょうか。
  本書では、時代の変化に強く、汎用性の高いスキルとして「経営×ファイナンス」という能力を提示します。
  ここで、我々が「経営×ファイナンス」という能力を取り上げる理由は、事業目標の設定、計画策定、チームをモチベートしながら組織を前進させる経営力と、資金の調達、最適配分を行いながら、予実を管理しキャッシュを最大化するファイナンス能力は、組織を運営するために必須の能力であり、また、資本主義の中心的機能だと思うからです。
  時代が変わっても、所属する組織が変わっても、扱うサービスや業界が変わっても、はたまた会社員、個人事業主、起業家といった働き方が変わっても、組織運営にとって不変的な機能である経営とファイナンスに関する能力は時代を超えて求められ続けます。そして、それらがあれば、そもそも組織に所属せず独立する道も開かれるでしょう。
 ただし、当然のことながら、こうした能力は、座学だけで身に付けることはできません。「経営×ファイナンス」の能力は、経営に近い現場でさまざまな修羅場を乗り越えながら磨き上げていく必要があるのです。
 そして、これらの能力を組織に所属しながら最も効率的に高められる業界として、M&A、事業再生、PEファンドという3つの業界を取り上げます。
 本書の後半部では、これらの3業界を一括して「経営×ファイナンス業界」と呼び、同業界がWithコロナ、アフターコロナの時代にこそ伸びる背景やこれらの仕事の魅力について、現場経験者と業界専門のキャリアアドバイザーの視線を交えながらお話したいと思います。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 経営×ファイナンスのキャリアについて、PE・M&A・事業再生の先駆者たちに今後の業界動向や業界で働いている背景等をインタビュー形式で綴っている。また、転職するにあたり必要な業界知識やその後のキャリア形成についても綴っている。私も事業再生業界への転職を考えている際に読んだが、経営者となるべく事業と財務の両者を学べると改めて確認できた。PE業界に関する知識は全くなかったが、業務内容や転職難易度について大枠を理解することができた。数年に1回、面接も6回以上と相当な覚悟を持たなければならないとは知らなかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

早稲田大学を卒業後、野村證券にて資産運用業務、米国ゼネラル・エレクトリック(GE)の金融部門であるGE Capital にて国内中堅企業向けの資金調達業務に従事した後に、国内独立系ファンドである日本創生投資にて主に事業承継・再生に関するバイアウト投資に従事。現在は製造業のM&Aを推進するセイワホールディングスにてM&A担当の執行役員を務め、多くのM&Aを実行するとともに、グループ会社の経営を行っている。また、知人と共に投資ファンドの立ち上げも進めている。

「2021年 『ポストコロナのキャリア戦略 経営×ファイナンス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田耕太郎の作品

ツイートする
×