レベティコ-雑草の歌 (サウザンコミックス)

  • サウザンブックス社
4.80
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909125248

作品紹介・あらすじ

ギリシャのブルースとも呼ばれる「レベティコ」の世界を
味わい深い絵と独特の詩情で描いた傑作バンド・デシネ

 第二次世界大戦前夜の1936年、軍人上がりのイオアニス・メタクサスが首相に就任し、ギリシャはファシズムへの道をまっしぐらに進んでいた。当時ギリシャのアテネでは、レベティコという音楽が流行していた。レベティコのミュージシャンたちが歌ったのは、自らが属す下層階級の人々の生きづらい日常。それが下層階級の人々から熱烈に受け入れられた。一方、当局にとっては、定職につかず、ハシシを常習し、喧嘩に明け暮れ、犯罪まがいのことに手を染めることもいとわず、昼はぶらぶら過ごし、夜な夜なバーで演奏してひと騒動起こすレベティコのミュージシャンたちは、風紀を乱す社会のお荷物以外の何ものでもなかった。

 主人公のスタヴロスもそんなミュージシャンのひとり。彼は仲間たちとグループを組み、自由気ままな生活を送っていた。グループのリーダー、マルコスが半年ぶりに刑務所から出所したその日、スタヴロスと仲間たちは再会を祝い、久しぶりのセッションを楽しみ、乱痴気騒ぎを繰り広げる――。戦争が間近に迫り、自由がまさに失われようとする窮屈な時代に、あくまで我を通し続けた愛すべき人物たちの長い一日の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世界のマンガの翻訳出版レーベル・サウザンコミックス第一弾! 傑作バンド・デシネ『Rébétiko』(レベティコ)を翻訳出版したい! | THOUSANDS OF BOOKS
    https://greenfunding.jp/thousandsofbooks/projects/3322

    サウザンコミックス第1弾ダヴィッド・プリュドム『レベティコ―雑草の歌』完成! サウザンブックス社を訪問してきました! - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=HxJoo2eik4g

    THOUSANDS OF BOOKS
    http://thousandsofbooks.jp/project/rebetiko/

  • 読んでいて、温度や埃っぽさ、逆に湿った空気、香りまで感じた。
    終わっていく音楽、朝焼け、でも確かにそこで生きている人々。
    陳腐な表現だけど、1本の映画を観た感じだ。
    それも大好きなタイプの。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1969年10月4日、フランスはロワール川流域古城群にほど近いトゥール生まれ。7歳で初めてンド・デシネバ(=フランス語圏のマンガ)を描く。左利き。ルーヴル美術館、先史時代の洞窟、奇人変人たちが住む村、中世の動物寓話、浜辺の一日など、これまでに多種多様なテーマのンド・デシネを発表。新作に取り組むたびに、テーマに合わせて新しいスタイルに挑戦している。2004年、日仏のマンガ家によるアンソロジー『JAPON』(飛鳥新社)の企画に参加するために初来日し、九州に滞在。さまざまな刺激を受ける。2012年に再来日を果たし、福岡を拠点に力士をテーマにした創作に励む。力士のイラストは300点にのぼり、それらをもとにフランスで展覧会が行われ、「スモウグラフィ(Sumographie)」という書籍が出版された。その後、2016年、2018年、 2019年にも来日している。本書『レベティコ-雑草の歌』はダヴィッド・プリュドムが自分自身の一部だと語る自信作。

「2020年 『レベティコ-雑草の歌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原正人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇佐見りん
アンナバーンズ
川上未映子
レティシア コロ...
多和田 葉子
テッド・チャン
レティシア コロ...
川越宗一
ショーン・タン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×