迷った時、「答え」は歴史の中にある。 歴史を人生に活かす64の方法

著者 :
  • ユサブル
3.27
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909249302

作品紹介・あらすじ

人には人生の選択を迫られる状況が何回も訪れます。仕事上も生活の上でも。そんな時に歴史を振り返ってみると、そこには必ず大きなヒントが存在するのです。一見、今と過去は別のものだと思いがちです。しかし、過去の人も同じ失敗を繰り返し、その都度その克服法が歴史として残っているわけです。
雪舟は当時のキャリアからドロップアウトしたことでチャンスをつかみ、コペルニクスは左遷されたがゆえにチャンスをつかみました。中国の唐は300年続きましたが、その理由は40年しか続かなかった隋を徹底研究したからです。アメリカやイギリスの成功も、800年続いたローマを徹底研究したからです。
成功者は常に歴史の中から「答え」を見つけています。どうすれば歴史を人生に活かすヒントが見つかるのか、30年間ビジネス書の第一線で活躍を続ける中谷彰宏氏が、その方法をわかりやすくお伝えするのが本書です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ■こんな方に読んで欲しい
    1.学生時代、歴史が苦手だった人
    2.歴史に興味はあるけど、どうやって勉強すればいいかわからない人
    3.悩み事を抱えていて、解決策を探している人

    <感想とまとめ>
    ★明日起こる事は、歴史の中にある
    →答えを、歴史の中で見つける
    ★「気になること」を調べることで、また「気になること」に出会える
    ★問題の解決策は、歴史の中にある
    →行き詰まったら、歴史を探そう
    ・良くない出来事にも、プラスの側面がある
    →どんな物事にも、必ず良い面と悪い面がある

  • 読もうと思った理由
    歴史に学ぶという題名に引かれたため

    気づき
    ・旅先ではその土地の歴史を調べる
     住んでいる人は意外と気づかないということがある
    ・気になることを調べていくとその中でまた気になるこ
     とが出てくる。時間を気にしないで調べ勉強する
    ・雪舟はドロップアウトでチャンスをつかんだ
    ・空海が留学していきなりヒヤリングができたのは渡来 
     人が入り込んできたから
    ・薩摩は今の外国の授業のようなことをしていたから柔  
     軟なことができるようになった
    ・新しいベンチャーと昔からのベンチャーの戦いが応仁
     の乱だった
    ・情報プラス教養を身に着けることで勝てる
     地方で都会から来た人にその土地に昔からある場所を
     案内した方がよい
    ・ギリシャとローマの知恵が失われなかったのはイスラ
     ムが勉強好きで保存してくれたから
    ・武力で支配すると短命、文化で支配すると長期政権に
     なる
    ・自分のルーツは郷土史でわかる。歴史を知ると故郷を
     好きになる
    ・旅行をして初めて身近に古くからあるもののよさに気
     付く。海外旅行のいい意味は地元のいいものに気付け
     ること
    ・技術は教育、精神は世襲で育成される
    ・大人の勉強で一番いいのはテストから解放されるこ
     と。テストから解放されると「何のために」がなくな
     る。学校で教わったのとこれが違うんだという面白さ
     を楽しむ

    歴史と現代との比喩がたくさんあって学ばされることがたくさんありました。現代人が悩んでいること、困っていることも歴史に学ぶと同じ事が多分あると思いました

  • 昔流行った自己啓発本を量産している筆者。歴史を主軸に指南。良いことを書いているのだけど薄い。しっかりしたエピソードが書かれていないので、分かるけど心に響かないかも。まあこういう本は読むときの心境に左右されるから、時と場合によって変化しそう。

  • 日経新聞の広告欄から興味を持ち、買って読んでみた。学校では学ぶことのなかった知識が充実している。出来事に対しての、具体的な時代背景や歴史人物に細かく焦点を当てており、とても読み応えのある本。表現も柔らかめなので、歴史を苦手としている人にも読みやすいと言える。

  • 堅苦しい歴史の人物に焦点を当てながら、いかに自分の人生に生かすか、を解説してくれる一冊。
    歴史が苦手な人でも取っつきやすい内容で人間臭いのがまた良い。
    先人に学ぶを地で行く本。
    でもどう学ぶかは人それぞれで、だからこそ面白い。

  • 何かを得ようとして読むよりかは読み物として読んだけど、へぇと思ったことがたくさんあって面白かった。今まで歴史は全然知らんし興味なかったけど、「人」ベースにした歴史の勉強と地元の歴史は少し勉強してみようかと思った。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、独立。91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。【中谷塾】を主宰。セミナー、ワークショップ、オンライン講座の活動を行う。

「2022年 『中谷彰宏の子育てワクワク作戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中谷彰宏の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×