銀河洪水: 詩集

著者 :
  • 洪水企画
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (91ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909385246

作品紹介・あらすじ

沖縄・石垣島の詩人、八重洋一郎の集大成を思わせる最新詩集。八十歳を目前にして、メメント・モリに身を曝し命の意味を問うという普遍に挑む。詩人のリズムが生の謎を解こうとする、その戦慄が根源的抒情の氾濫を導く。「爆発。私は核爆発のように自らの存在の『核』に触れ、自爆したかった。そして一切をわが身もろともふきとばしたかった。」(「ある序文」より)

著者プロフィール

1942年石垣市生まれ。
東京都立大学人文学部哲学科卒業。
─詩集─
『素描』1972
『孛彗』1984、第九回山之口貘賞
『青雲母』1990
『夕方村』2001、第三回小野十三郎賞
『しらはえ』2005
『トポロジィー』2007
『八重洋一郎詩集』2008
『白い声』2010
『沖縄料理考』2012
『木洩陽日蝕』2014
『日毒』2017
『血債の言葉は何度でも甦る』2020
─エッセイ─
『記憶とさざ波』1976
『若夏の独奏』2004
─詩論集─
『詩学・解析ノート わがユリイカ』2012
『太陽帆走』2015

「2021年 『銀河洪水 詩集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八重洋一郎の作品

ツイートする
×