等身の棋士

著者 : 北野新太
  • ミシマ社 (2017年12月16日発売)
3.80
  • (3)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909394019

作品紹介・あらすじ

藤井聡太、加藤一二三、羽生善治――

2017年、彼らがいた。




極限の状況で「最善」だけを探る。

高潔な棋士たちの群像を描く、

傑作・将棋ノンフィクション!!



棋士という二文字は「将棋を指す侍」を示している。…一六〇人いる棋士たちは皆、自らが信じた将棋という勝負において光り輝くために戦っている。日夜の研鑽を積み、策略を謀り、勝利という絶対を追い求めている。――本文より

等身の棋士の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 将棋棋士の話。
    前作の「透明の棋士」よりだいぶ読みごたえがある。
    藤井聡太さんの話も多い。
    藤井さんについては、あちこちでさまざまな記事を目にしていたが、より近いところ人の記事は違う!
    他にも、加藤一二三さんの引退時の話とか、ニュースでも見たので、あの時かぁってにやにやしてしまう。
    その他、羽生さん、今泉さん…どの棋士の話も面白かった。
    前作では「透明の…」というくらいだから、北野さんご自身はあまり出したくなかったかもしれないが、今回は自身がかつてバスケをやっていて、ジョーダンが好きだったとか、ボブ・グリーンの著作への言及とか、自分の話が結構出てくる。
    それがとてもいい感じ。

  • 「繊細と無頼の間を」
    プレーオフを勝ち抜いて名人挑戦を決めた行方八段
    「百折不撓 敗れざる者」
    57期王位戦最終局に敗れた木村八段が再出発にと挑んだ順位戦B1での兄弟子丸山九段との対局

  • こうした棋士の素顔に迫るルポルタージュでは、やはり文章も内容も河口氏の「対局日誌」の方が一枚上ですが、既に鬼籍に入られたので、北野氏あたりにもっとがんばってほしいものですね。
    最近、立て続けに将棋関連のルポルタージュ本を出されているようですので、是非もっと頻繁に将棋会館に入り浸って棋士たちの日常をレポートしてほしいものです。
    たまに会ってインタビューという手法だけでは絶対得られない貴重なネタを発見できることでしょうし、将棋界にずっぽり入り込んだ人間にしか見せない表情や言葉が現場にはあるはずだからです。

  • 藤井くんについての羽生さんの評を聞いていると、藤井君は異世界転生者か、強くてニューゲームしてるんじゃないか、時間ループしてるんじゃないか説が出てきてもおかしくない感じがします。もしくは後ろに佐為がいるか…。
    若いということは将棋を覚えてからの時間が短いということ、当然経験も知識もまだまだ少ないはず…なのに。
    まるでファンタジーのようです。

  • 北野さんの暑過ぎる&たまに私的というより詩的な文章が大好きです。今回も、北野節炸裂でした。
    棋士への愛とリスペクトがダダ漏れで、読んでいてこちらも熱くなる記事の数々。
    88マスの勝負の世界で全力で戦い続ける棋士の生き様に、ただただ圧倒されます。一気読み必至!

全5件中 1 - 5件を表示

北野新太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
恩田 陸
三浦 しをん
宮下 奈都
米澤 穂信
塩田 武士
村田 沙耶香
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

等身の棋士はこんな本です

ツイートする