小田嶋隆のコラムの向こう側

著者 :
  • ミシマ社
4.33
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909394705

作品紹介・あらすじ

コロナ下、病気が悪化したこの2 年の中で、小田嶋隆が残した最後の言葉とは――

 本書は、さる2022年6月24日にお亡くなりになった小田嶋隆さんの遺稿コラム集です。遺稿集とはいえ、小田嶋さんの生前より進めていた企画です。5月末、小田嶋さんから電話があり、「医者は、夏を迎えられないかもしれない、とか言ってるんです」と軽やかにおっしゃいました。その際、『小田嶋隆のコラムの切り口』の編集を「とても気に入っており、ああいう編集でもう一冊まとめてほしい」とご希望いただきました。それで急きょ、進めることになりました。6月20日にご自宅へお見舞いにうかがったとき、小田嶋さん自ら、本書のタイトル案を述べられ、その場で、『小田嶋隆のコラムの向こう側』に決まりました。
 『小田嶋隆のコラムの切り口』は紙媒体に掲載されたコラムを中心にまとめたの対し、本書は、全てウェブ媒体(小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」)に載ったもので編集しました。その意味で、『コラムの切り口』の姉妹編のような位置づけの一冊でもあるはずです。
 2020年春のコロナ以降のロングコラム18選を収めた、文字通り、小田嶋さんのラスト・コラム・ ブック。くりかえしくりかえし、楽しんでいただけましたら幸いです。
(本書編集人・三島邦弘)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もっと早く知っていれば、この人のコラムを追っかけて溜飲を下げていたのになと思う。
    これが遺作となるとは。

    内田樹との共著で名前を連ねていたので、時々読んでいたが(今「読ませてもらった」と思わず書きそうになった!小田嶋さんに叱られる)

    フェミニズムに関する率直なエンパシー。あー、この人は賢い。2021年4月2日付の新聞で読みたかった!
    女性として、わかってくれてありがとう、書いてくれてありがとうとと言いたい。
    そうなのだ、まさしく「ユーモア」の呪縛なのだ。
    そんなのは本当のユーモアじゃない、ただのイジワルで、揶揄で、狭い視野の笑いに過ぎないのだけど。

    その自称ユーモアに、女性は、さらされてきたのです。わかってくれてありがとう小田嶋さん。

    足が太い、嫁に行き遅れる、器量が悪いと小突き回され、「山の神」は口うるさい、ケチだ、太ったと、笑われて、言い返すと「ユーモア」がわからないと罵倒される。
    書いてくれてありがとうございました。

    亡くなるの早過ぎです。
    もっと読みたかった。

  • これで小田嶋さん納め。
    本当に残念である。この筆致、文体は誰にも出来ない。

    日経BPで横書きで既に読んでいるのはずだが、やはり書籍としての縦書きがしっくりくる。
    縦書きだとさらに筆者のすごさが伝わってくる気さえする。

  • 毎週金曜に、日経ビジネス電子版で小田嶋さんのコラム「ア・ピース・オブ・警句」が配信されるのが楽しみでした。
    朝5時に配信されるのが待ち遠しく、パソコンに噛り付いて待っていたほど。
    それほど、小田嶋さんのコラムは自分にとって魅力的でした。
    単に世相を切るだけではありません。
    その高度な文章技術、卓抜なユーモア、鮮やかなオチ。
    これはもう単なるコラムではありません、ほとんど至高の芸といった域に達していました。
    ぼくはコラムが好きで、これまでもたくさんのコラムニストの文章を読んできました。
    ぼくも日常的に文章を書く仕事をしているので、誤解を恐れずに言えば、数多いるプロのコラムニストには、「頑張れば勝てる」「今でも勝っている」という印象を持ってきました。
    でも、小田嶋さんには逆立ちしたって敵いっこない。
    ぼくがもう一度、赤子から人生をやり直して、そうですね3歳くらいから将来、プロのコラムニストになるべく修行を徹底的に積んだとしますか。
    それでも、小田嶋さんには絶対に敵わなかっただろうと断言できます。
    それほど圧倒的な存在でした。
    嘘だと思うなら、本作から1編だけ拾い読みしてみてほしい。
    何度も笑った上で、最後は唸るはずです。
    そして、「小田嶋さんこそ、最高のコラムニストだ」と思うでしょう。
    だから、今年6月に小田嶋さんの訃報に接した時は、ショックのあまりしばし呆然としました。
    65歳。
    何と若くして亡くなったことでしょう。
    あまりにも惜しい、寂しい。
    本作は、小田嶋さんが過去に書いた傑作コラムをまとめたもの。
    何度も読み返したいと思います。
    小田嶋さん、これまで楽しませてくれて本当にありがとうございました。
    安らかにお眠りください。

  • 良くも悪くも筆者の作品との距離は変わらないが、激動の時代が続く中で今後の筆致がどうなっていたかは惜しまれる。

  • コロナ渦中の話題を中心に、亡くなる直前まで綴られた氏のコラム集。フェミニズムや断酒など、後天的に、意識的に感得されるに至る過程とか、赤裸々に語られていて興味深し。

  • 遺稿

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1956年東京赤羽生まれ。早稲田大学卒業。食品メーカー勤務などを経て、テクニカルライターの草分けとなる。国内では稀有となったコラムニストの一人。
著作は、『我が心はICにあらず』(BNN、1988年、のち光文社文庫)をはじめ、『パソコンゲーマーは眠らない』(朝日新聞社、1992年、のち文庫)、『地雷を踏む勇気』(技術評論社、2011年)、『小田嶋隆のコラム道』(ミシマ社、2012年)、『ポエムに万歳!』(新潮社、2014年)、『ア・ピース・オブ・警句』(日経BP社、2020年)、『日本語を、取り戻す。』(亜紀書房、2020年)、『災間の唄』(サイゾー、2020年)、『小田嶋隆のコラムの向こう側』(ミシマ社、2022年)など多数がある。
また共著に『人生2割がちょうどいい』(岡康道、講談社、2009年)などの他、『9条どうでしょう』(内田樹・平川克美・町山智浩共著、毎日新聞社、2006年)などがある。
2022年、はじめての小説『東京四次元紀行』(イースト・プレス)を刊行、6月24日病気のため死去。

「2022年 『諦念後 男の老後の大問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小田嶋隆の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×