遺伝子「超」入門――「自分には関係ない」と思っている人に

著者 :
  • パンダ・パブリッシング
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (70ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909400307

作品紹介・あらすじ

■知識ゼロの人でも「遺伝子」がまるっとわかる1冊

人間は誰でも、平均して190を超える遺伝子に異常があり、その遺伝子は約20種類の病気と関係していると推定されます。
つまり、遺伝子が無傷な人間はどこにもおらず、誰しもが将来を左右するかもしれない遺伝子異常を抱えているのです。

2013年、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが遺伝子解析の結果を受けて、両乳房の切除に踏み切ったことが話題になりました。
これまで遺伝子は先端的・専門的な医学分野だと思われてきましたが、遺伝子解析技術が進歩し、安価になってきた現代では、普通の人でも「遺伝子」について知っておくことが大切になってきているのです。

・遺伝子でどのくらい将来が決まってしまう!?
・あなたの遺伝子が変異したらどうなる?
・卵子や精子が老化するとどうなる?
・遺伝子操作で、天才やスーパーマンは作れる!?
・DNA、ゲノム、ES細胞、iPS細胞とは何?
・安価になってきた遺伝子解析サービスで何がわかるのか?
・最近の遺伝子研究で何がわかってきた?

これらの素朴な疑問に答える形で、そもそも遺伝子とは何かから、最新の遺伝子解析で何ができるかまでを、知識ゼロの人でもこの1冊で遺伝子がわかるように新進気鋭サイエンスライターがわかりやすく解説します。

著者プロフィール

島田祥輔(しまだ・しょうすけ)

サイエンスライター。1982年生まれ。名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻修了。特に遺伝子に興味があり、遺伝子の研究によって医療や生活がどう変わっていくのかに注目している。著書に『おもしろ遺伝子の氏名と使命』(オーム社)、科学雑誌「ニュートン」などでも執筆。

「2017年 『遺伝子「超」入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田祥輔の作品

遺伝子「超」入門――「自分には関係ない」と思っている人にを本棚に登録しているひと

ツイートする
×