美容は自尊心の筋トレ (ele-king books)

著者 :
  • Pヴァイン
4.19
  • (14)
  • (23)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 544
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909483300

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本に出会えてよかった。
    こういう考えの人が近くにいたら、心強いし気持ちが軽くなったり考えが変わったり生きやすくなったりするだろうな。
    こういう風に考える人が増えたら、世界はいまよりやさしくあたたかく生きやすいものになるのではないかと思った。
    何度でも繰り返し読みたい本。

  • いつも悩み事を聞いてもらっている知り合いの方から「もっといい意味で自己中心的になっていいのよ」と言う言葉とともにこの本を勧めてくれた。
    まわりにいる美人ばかりと比べていないで、自分に愛着を持って自分を満足で満たそうと思った。
    美容はそんな自尊心を鍛えるためのいいアイテムだよ、とそっと背中を押してくれる本。
    もっとまわりを気にしすぎず、自分の好きな色の服や好きな香水を纏って外に出て行こうと思う。

  • おもしろい。
    そうだ、あたしはあたしのまま生きる!
    少し笑えて、自信を持たせてくれる本。
    屁理屈と聞こえるかもしれないが、そう捉える人がいるならご自由にどうぞ。と、筆者の声が聞こえてきそうな強気で繊細な人柄が想像できる。

    枯れない造花より、いい感じにくたびれた生花。
    生きていることの儚さと健気さを感じさせる人が素敵。

  • 自分に自信のない全ての女の子に読んでほしい一冊です。
    大学デビューした普通の女子大生が一度は感じる他のかわいい子たちやイケてる人々に対する劣等感。飲み会では男子がかわいい女子の周りを囲みそれを空気になった気分でぼんやり眺める。歯に衣着せない芸風の先輩からは自分の見た目をネタにされる。気づいたら、「自分なんかどうせ」が口癖になってしまってた……そんな時に健やかな自尊心の育て方を教えてくれる本。自分の救世主は自分、自虐にさよならして「呪いの言葉」を解きほぐすための心の筋トレの方法がこの本に詰まっています。傷ついて、打ちのめされたとき、何度でも読み返して立ち上がるためのバイブル。

    現代システム科学域 4年

  • むっちゃ頷けることばかりだった。
    友人に読んでほしいとめちゃくちゃ思う。
    加齢は絶対悪いことじゃないし、誰かが決めた『完璧』にならなくていい。
    美容垢は苦手だし美容本なんてまず読まないけど、この本は表面的な美容(モテ云々、広告の関係上特定の商品推し)を推さずにスピ感(精神的な〜とかよぉ分からんやつ)もなくて本当に良かった。
    我が推し、Rihannaのことも書かれていてとても嬉しかった。
    ただ一つ気になったのはリアーナvsヴィクシーって書かれたのは引っかかった。なにもvs表記しなくてもよくない?

  • 読みながら泣いた。自尊心とても大事、自分を必要以上に卑下するのやめよう。

  • すごく頭の良い、
    自分を持った人

  • タイトルがいいなぁと思い手に取る。
    自尊心低いから。
    思った内容とは少し違ったというか、肯定してくれる事は嬉しいのだけど、ちょっと圧が強い気も。

    子どもに同じことしないように気をつけないと、と思うけど呪いかけてしまってる気がする。
    自分は体型コンプレックスこんなに強いのは周りの言葉も呪いもあると今なら思うから。

    自戒p96〜97
    脳内麻薬が出るなら献身してもいいけど、そうでないのに自分を後回しにしてると疲れと恨みと期待した見返りが戻ってこないフラストレーションになる
    本当に好きで楽しいとき以外、いつか報われるために自分を削りすぎないように気をつけたい

    別記あり


  • もうズサズサと。厳しく優しく自分を戒めてくれる、お守りのような本に出会えた。愛されなければ価値がない、とまではこれまでも思っていなかったけど、世の中の役に立っていなかったり自分が前進できていないのでは焦って落ち込むのは自尊心が足りない証拠だったんだなと。そして美についても、自分に「失格」の烙印を押し続けるという自傷行為を今まで繰り広げてきたんだと気付いた。でもそれらは自分という存在のかけがえなさ、大切さとは全く関係なくて、、頭で理解しても自然にそう思えるにはまだ時間がかかりそうだから、少しずつ自尊心を保つ術を身につけていきたい。文章も粋でほんとそれ!!!な表現ばかりで。最高です。

  • ちょっと前までなら、
    美容とお金は近いところにあるものだと
    思っていたなあ。
    つまり美容にはお金がかかると。

    もちろん高いデパコスは高いなりの性能があるのだろうが
    肌質も、環境も、悩みもみんなそれぞれ。
    向き合う姿勢で自尊心も鍛えられていくのだろう。

全20件中 1 - 10件を表示

美容は自尊心の筋トレ (ele-king books)を本棚に登録しているひと

ツイートする