晩酌わくわく! アイデアレシピ (ele-king books)

著者 :
  • Pヴァイン
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909483713

作品紹介・あらすじ

テレビや雑誌で引っ張りだこの「酒場ライター」であり、日々さまざまな酒場を訪れる一方でウェブを中心に多くの遊び心あるレシピをバズらせてきた著者が送る、ベスト・オブ・アイデア・レシピ!
パリッコ家の定番メニュー、愛用の調味料・調理器具、10分でできる「すぐレシピ」、そして伝説のアイデアレシピの数々を一挙紹介

パリッコ 1978年東京生まれ。酒場ライター、漫画家/イラストレーター、DJ/トラックメイカー、他。酒好きが高じ、2000年代後半よりお酒と酒場に関する記事の執筆を始める。著書に『つつまし酒 懐と心にやさしい46の飲み方』(光文社新書)『酒場っ子』(スタンド・ブックス)『ほろ酔い! 物産館ツアーズ』(少年画報社)、スズキナオ氏との共著に『“よむ”お酒』(イースト・プレス)『酒の穴』(シカク出版)『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』(Pヴァイン)など。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 楽しい本。
    役に立つとか、見やすいレシピ本をお求めの方には向いていないとは思いますが…こういうのが日々の楽しみだよね!と思う本です。

  • 酒蒸しはどの酒がうまいのか?検証で、まずかったやつとかわざわざ載せたり、寄り道が多いのがこれぞ呑兵衛って感じて好きよん
    作り方の説明はめちゃざっくりだし、タイプ:ワイルドなおつまみが多いので、レシピ本としては当てになりませんけども、それこそお酒やりつつパラパラめくって、おいしそ〜と自分でも真似してみたら失敗して大笑いする光景が目に浮かぶようで笑、個人的にはいい塩梅の大雑把さです。ただ、本のお値段もう少し安いと嬉しい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1978年東京生まれ。酒場ライター、漫画家/イラストレーター、DJ/トラックメイカー、他。酒好きが高じ、2000年代後半より酒と酒場に関する記事の執筆を始める。著書に『つつまし酒 あのころ、父と食べた銀将のラーメン』(光文社)、『ノスタルジーはスーパーマーケットの2階にある』(スタンド・ブックス)、『晩酌わくわく!アイデアレシピ』(ele-king books)、『天国酒場』(柏書房)、『つつまし酒 懐と心にやさしい46の飲み方』(光文社新書)、『ほろ酔い!物産館ツアーズ』(ヤングキングコミックス)、『酒場っ子』(スタンド・ブックス)、『晩酌百景 11人の個性派たちが語った酒とつまみと人生』(シンコーミュージック・エンタテイメント)。スズキナオ氏との共著に『のみタイム 1杯目 家飲みを楽しむ100のアイデア』(スタンド・ブックス)、『“よむ”お酒』(イースト・プレス)、『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』(ele-king books)、『酒の穴』(シカク出版)。清野とおる氏との共著に『赤羽以外の「色んな街」を歩いてみた』(扶桑社)。2022年には、長崎県にある波佐見焼の窯元「中善」のブランド「zen to」から、オリジナルの磁器製酒器「#mixcup」も発売した。

「2022年 『ご自由にお持ちくださいを見つけるまで家に帰れない一日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パリッコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×