フェイク・ワールド

著者 :
  • 株式会社スリースパイス
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909491657

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アンネのバラとは、第2次大戦後に悲劇のユダヤ人少女アンネ・フランクを偲んで作られたバラだそうだが、咲いている間にその花の色がどんどん変化していくという面白い特徴があるそうで、そのアンネのバラが小説の中で、謎を解く鍵となっていく展開が実に面白かった。題材となっているロッキード事件、日航ジャンボ機墜落事故は、すでに数十年の歳月が経っているが、そこから垣間見えてくる謎は未だに解明されておらず、現在でも人々の間で話題となることも多い。特にジャンボ機墜落事故に関しては、その謎を巡って現在では本も多数出版されている。この小説では、そういった謎を題材にしながら推理小説ならではの大胆な設定がなされていて、ワクワクしながら読んだ。これらの事件に疑問や謎を感じている人、社会派ミステリーの好きな人は、一読してみることを是非お薦めする。それにしても、ロッキード事件の中心人物だった児玉誉士夫は公判開始を目前にして亡くなったが、実は彼は死んでいなかったという噂を耳にすることもあるが、果たして真相は?

全1件中 1 - 1件を表示

宗谷圭介の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×