新版 星野道夫 悠久の時を旅する

著者 :
  • クレヴィス
4.29
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909532435

作品紹介・あらすじ

一枚の写真に導かれたアラスカとの出会いから急逝まで24年、
極北の自然に魅せられた写真家の旅を一冊に。
代表作と寄稿文3編を加え、装いを新たに生まれ変わる決定版!!

大切なことは、出発することだった。―星野道夫

少年のころから北の自然に憧れ、極北の大地アラスカに生きた星野道夫。取材中に事故で亡くなり、20年以上を経た現在においても、心打つ大自然や動物の写真と美しい文章で、多くのファンを魅了しています。
 北極圏の大自然、そこに息づく野生動物や人々、そして語り継がれた神話……。星野は多くの「出会い」を通じて思索を深め、写真家として成長していきました。
 本書では、20歳のときに初めて足を踏み入れたアラスカの村の記録から、亡くなる直前まで撮影していたロシアのカムチャツカ半島での写真までを一望します。みずからのアラスカでの体験をもとに自然と人の関わりや生命の意味を問い続けたエッセイ32編をあわせて収載し、「写文集」の形に編集しています。
 「人間が足を踏みいれたことがないと畏敬の念をもって見おろしていた原野は、じつはたくさんの人々が通り過ぎ、さまざまな物語に満ちていた」
 「自然と人の関わり」を追い続けた星野の旅に思いを馳せていただければ幸いです。
本書は2012年に刊行の同名写真集から8年の歳月を経て、あらたに代表作と寄稿文3編を加え、装いを新たに新版として刊行するものです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 星野さんの写真と文章に触れたければ、この本が最もオススメです。
    代表的な写真や、本に書かれた言葉をまとめら総集編のような一冊です。

    星野さんがどうしてアラスカに惹かれたのか、アラスカとの出会い、動物たちとの一瞬の光景、追い求めたカリブーやシロクマ、トーテムポールやアラスカの神話。

    どれだけ時間が経っても色褪せることのない星野道夫の作品がここに詰まっています。

    決定版。
    この本は一生持ち続けるでしょう。

  • 彷徨うカリブーの写真

  • ぶわーっと絵が、ことばが、愛が、溢れて、すごい。
    静かだけど強い熱情。恐れと渇望、自然に寄り添う謙虚さ。ひたむきで、切実に焦がれる姿が、もう、なんかもう、すごい。

  • 写真がただただ美しい。
    アラスカの大自然や人々が、とてもいい角度で、
    絶妙なタイミングで切り取られていると感じた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

写真家・探検家

「2021年 『星野道夫 約束の川』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星野道夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
川越宗一
レイチェル・L....
寺地 はるな
アントニオ・G・...
伊吹有喜
サン=テグジュペ...
片岡義男
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×