新版 星野道夫 悠久の時を旅する

著者 :
  • クレヴィス
4.48
  • (14)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 125
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909532435

作品紹介・あらすじ

一枚の写真に導かれたアラスカとの出会いから急逝まで24年、
極北の自然に魅せられた写真家の旅を一冊に。
代表作と寄稿文3編を加え、装いを新たに生まれ変わる決定版!!

大切なことは、出発することだった。―星野道夫

少年のころから北の自然に憧れ、極北の大地アラスカに生きた星野道夫。取材中に事故で亡くなり、20年以上を経た現在においても、心打つ大自然や動物の写真と美しい文章で、多くのファンを魅了しています。
 北極圏の大自然、そこに息づく野生動物や人々、そして語り継がれた神話……。星野は多くの「出会い」を通じて思索を深め、写真家として成長していきました。
 本書では、20歳のときに初めて足を踏み入れたアラスカの村の記録から、亡くなる直前まで撮影していたロシアのカムチャツカ半島での写真までを一望します。みずからのアラスカでの体験をもとに自然と人の関わりや生命の意味を問い続けたエッセイ32編をあわせて収載し、「写文集」の形に編集しています。
 「人間が足を踏みいれたことがないと畏敬の念をもって見おろしていた原野は、じつはたくさんの人々が通り過ぎ、さまざまな物語に満ちていた」
 「自然と人の関わり」を追い続けた星野の旅に思いを馳せていただければ幸いです。
本書は2012年に刊行の同名写真集から8年の歳月を経て、あらたに代表作と寄稿文3編を加え、装いを新たに新版として刊行するものです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 彼の動物写真には生命の躍動がある。
    だが、ボクは彼の撮った森の写真により強く惹かれる。
    朽ちた大木が苔に覆われゆく死と再生の静謐な美に満ちた森の写真から受けた衝撃は鮮烈な記憶となり、いまだ色褪せない。
    10年過ぎても20年経ってもボクの魂を震わせている。
    すぐれた写真には人を動かす名状しがたい力があるとボクは信じてる。
    動画全盛の今であっても、ボクの信仰は揺るがない。

  • 先日、地球交響曲第3番の映画を見て、こちらの本を
    借りました(買ってません、笑)

    文字が小さいですね
    写真集的な扱いなのでしょうか

    なぜだかアラスカの市長にあてた直筆の手紙を
    みたら涙があふれて止まらなくなりました。

    その後も涙を溢れさせたまま読んでいたので、
    次の日の顔はヤバヤバでした(笑)

    根付く
    ということを考えさせられた一冊です。

  • 星野道夫の美しい写真たち。
    巻末に奥様の文も載る。

  • 星野道夫さんの本を何冊か読んでいて、ちゃんとした写真を見ながらだと感じることがまた変わってくるだろうなと思い、買った。
    中に書かれているエッセイは割と読んだことのあるものが多かったけれど、写真と一緒に読むことで、より星野道夫さんの旅・生活に思いを馳せながら読むことができた。綺麗な景色と、なんだか暖かさを感じる写真。触れられてよかったと思う。

  • 星野さんの文章しか読んでこなくて、その文章を心地いいと感じている人はもれなく全員、これじゃなくてもいいからぜひ一度写真集(のようなもの)を手に取ってみるべき。
    わたしは今まで星野さんの著書は何冊か読んだけど、写真をちゃんと見たことがなくて、この本を見てとにかく感動した。
    写真に入り切らないほどの無数のカリブー、雪に覆われたどこまでも続く果てしない大地…
    ああ、これが本当の自然なんだなあと。
    植物や動物が醸す、何か脅威まで感じるような圧倒的な力を感じた。
    人間も昔は世界中どこでも、この流れの一部だったんだなと改めて実感させてくれるような。
    こうやって世界を知れるのは経済あってこその最大のメリットなんだけど、もうこれ以上の発展はいらないから、どうか今自然界にいる動物や植物がそのままの姿で生き続けられる世の中であってほしい。
    南で人間が行った愚行が北の果ての動物たちにも影響を及ぼしてしまう…
    地球って繋がっているんだなと、当たり前のことを考えた。
    そして動物たちよ、本当にごめんなさい。
    生態系に影響を及ぼす行為はもうやめようよ。

  • 狩った鯨の顎骨を海へ帰す儀式を撮った写真が、好き

  • 今もなお、野生の命のほとばしりを感じる
    素晴らしい写真ばかりです。
    今だから感じて、読んで下さい。
    何千年、何万年の昔から、植物も動物も人も、
    命の限り生きてきました、それは今も続いています。

  • 星野さんの写真と文章に触れたければ、この本が最もオススメです。
    代表的な写真や、本に書かれた言葉をまとめら総集編のような一冊です。

    星野さんがどうしてアラスカに惹かれたのか、アラスカとの出会い、動物たちとの一瞬の光景、追い求めたカリブーやシロクマ、トーテムポールやアラスカの神話。

    どれだけ時間が経っても色褪せることのない星野道夫の作品がここに詰まっています。

    決定版。
    この本は一生持ち続けるでしょう。

  • 彷徨うカリブーの写真

  • ぶわーっと絵が、ことばが、愛が、溢れて、すごい。
    静かだけど強い熱情。恐れと渇望、自然に寄り添う謙虚さ。ひたむきで、切実に焦がれる姿が、もう、なんかもう、すごい。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

写真家・探検家

「2021年 『星野道夫 約束の川』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星野道夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カズオ・イシグロ
辻村 深月
サン=テグジュペ...
凪良 ゆう
アンデシュ・ハン...
ヴィクトール・E...
宇佐見りん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×