井上靖の原郷 伏流する民俗世界

著者 :
  • 七月社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909544155

作品紹介・あらすじ

「ここで私という人間の根柢になるものはすべて作られた」

長じて稀代のストーリーテラーと呼ばれることになる作家は、郷里・伊豆の風土から何を承けとったのか? 
「自伝風小説」を中心とした精緻な読みと、長年にわたるフィールドワークの成果から、作家の深奥に伏流する民俗世界を立体的に浮かび上がらせる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 國學院大學文学部文学科卒業。文化功労者。

    ※國學院大學図書館
     https://opac.kokugakuin.ac.jp/webopac/BB01877610

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1937年,静岡県に生まれる。國學院大学文学部卒業。近畿大学名誉教授。1984年,『焼畑民俗文化論』で國學院大学より第1回高崎博士記念賞,日本地名研究所より第5回風土研究賞を受賞。文学博士。著書『石の民俗』『大井川 その風土と文化』『軒端の民俗学』『神々の風景 信仰環境論の試み』『熊野山海民俗考』『稲作民俗文化論』『神と自然の景観論』など著書多数。

「2021年 『言霊の民俗誌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野本寛一の作品

ツイートする
×