地球温暖化のファクトフルネス

著者 :
  • 電子書籍出版代行サービス
4.00
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (83ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909679710

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • データとともに地球温暖化によってもたらされたとされる現象について検証している本。基本的に地球温暖化は大した問題ではないこと、気温の上昇はたしかに起きているものの微々たるものであること、災害等の被害と結びつけるのは尚早であることが分かった。現在環境問題が日々の話題に挙がっているが、果たして環境問題における地球温暖化はどの程度の優先度で捉えられるべきなのだろうか。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

杉山大志 (すぎやま・たいし)
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。
東京大学理学部物理学科卒、同大学院物理工学修士。
電力中央研究所、 国際応用システム解析研究所などを経て現職。
IPCC(気候変動に関する政府間パネル)、 産業構造審議会、 省エネルギー基準部会、NEDO技術委員等のメンバーを務める。 産経新聞「正論」欄執筆メンバー。
著書に『「脱炭素」は嘘だらけ』(産経新聞出版)、 『中露の環境問題工作に騙されるな! 』(かや書房/渡邉哲也氏との共著)、『メガソーラーが日本を救うの大嘘』(宝島社、編著)、『SDGsの不都合な真実』(宝島社、編著)、『地球温暖化のファクトフルネス』(アマゾン [amazon.co.jp]他で電子版及びペーパーバックを販売中)など。

「2023年 『亡国のエコ - 今すぐやめよう太陽光パネル -』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉山大志の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×