2021年版 ゼロから宅建士ベーシックブック2権利関係

  • 住宅新報出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909683779

作品紹介・あらすじ

明海大学不動産学部による、宅建士試験の分野別テキスト。
第2巻の本書「権利関係」では、民法を中心に特別法である借地借家法、区分所有法、不動産登記法から出題されます。特に民法は難解な部分もあり苦手にする人が多い分野です。明海大学のメソッドでは、試験出題数14問中、7問程度の正解を目指します。

例えば、自分の生活をイメージしてマンションに住んでいる人なら「区分所有法」、家を借りている人なら「借地借家法」「相続」といった身近なテーマからなら興味を持って学習をすることができそうです。フルカラーの図解たイラストが多いので、目で見て理解が進む内容になっています。
本試験でよく問われる箇所は「ココに注意!」で解説を加えています。
イメージ学習の後は、本書で一問一答問題演習にチャレンジすれば、知識もしっかり定着します。

著者プロフィール

日本で唯一不動産学を学べる大学!さらに数多くの不動産業のエキスパートを輩出している「明海大学不動産学部」では、2、3年次の進級要件として、宅建士の資格取得を定めています。本書では、学生に宅建士試験勉強の指導をしてきたノウハウをフルにいかし、「初学者にわかりやすい解説」にとことんこだわっています。

「2020年 『2021年版 ゼロから宅建士スタートブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

明海大学不動産学部の作品

2021年版 ゼロから宅建士ベーシックブック2権利関係を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×