新人不動産営業が最初に読む本 3訂版 (より実戦的に! 営業現場ですぐ役立ちます。)

著者 :
  • 住宅新報出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909683991

作品紹介・あらすじ

不動産会社の営業職を目指す方、初めて不動産営業として働く人へ。
不動産営業「売買仲介」のキホンをわかりやすく解説します!

住宅物件の売買に関する媒介業務について経験と実績を持つ著者が、実際の営業現場で行われている業務を時系列でレクチャーします。
受付業務とお客様対応の基本、集金計画と住宅ローンの基礎、広告を使った集客活動ほか「こんなときどうする?」の答えがすぐ確認できます。
お客様にいつ、どう対応していけば良いのか、その時々に行うべき業務内容、守らなければならない法令上のルールがしっかり身につきます。
聞きなれない業界用語も本書で解決!
さらに、業績向上につながるワンポイントアドバイスは、入社2、3年目の実力が問われる営業マンの方にもおすすめです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不動産の基本がわかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1965年東京生まれ
新築分譲マンションの販売営業から
仲介営業まで10年以上にわたり不動産業に携わり、
平成14年に不動産に特化した独立系FP会社である
(有)プランサービスを設立。営業時代の経験を活かして、
不動産会社に勤務される営業マン向けの研修や
一般消費者向けセミナーなどの講演活動や、
個人向けFP相談、書籍執筆などで活躍中。


「2017年 『新人不動産営業マンが最初に読む本 改定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本鳥有良の作品

新人不動産営業が最初に読む本 3訂版 (より実戦的に! 営業現場ですぐ役立ちます。)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×