その先には何が!?じわじわ気になる(ほぼ)100字の小説

著者 :
  • キノブックス
3.05
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909689061

作品紹介・あらすじ

なんだろう、この胸さわぎ……。
子どもの想像力をかき立てる100字の奇妙な物語集!
著者のルーティンワークであり、Twitterでウワサの【ほぼ百字小説】が初の書籍化。
掲載作130本は、1000作以上の作品から厳選!
いつでもどこにでも持ち歩ける正方形に近いコンパクトサイズで、好きなときに好きなところで読めるので、
大きな本、長い物語が苦手な子どもでも楽しめます!

挿絵、装画のイラストは旭ハジメ氏。
朝読にもおススメ!

正解があると人間は安心しますよね。逆に正解がないと言われると、落ち着かない。なんとなく不安になります。
そんな気持ちを楽しむ。これはそういう小説です。(【使用上の注意】より)

【作品抜粋】
・学校のプールには何かがいる。
冬になっても水を抜かないのは前から変だと思ってた。
それで夜になってから忍び込んだ。
でも何かに操られてるだけなのかも。
体育の授業で泳いだとき、プールの水を飲んじゃったからな。

・送られてくる苺はすべて食べなければならない。
それが契約だから。
幾つかにひとつ、顔がある。
それも食べなければ。それが契約。
あるとき、顔を見なくてもすむ方法を思いついた。
今は全部、ジャムにして食べている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "かつての校舎は、もうない。
    なのに黒板は残っている。
    壁も柱も、支えるものなど何もないのに、更地に黒板だけが浮いている。
    もしかしたら、ここにあった小学校とは関係なく、もっと前からここにあったものなのかも。"[p.164_117]

    100字前後の話が100ちょっと。
    なんとなく好きに思えるものがあったり、読んでもあんまり意味がわからないものもあったり。

  • 本が持ちやすいサイズで良い感じ。一つずつが短いので歯磨きの間とかのスキマ時間に少しずつ読める。その短さ故にある程度のパターン化は仕方がない(ちょっと飽きる)。よって通勤時間にガッツリ続けて読むよりも、毎日少しずつが良さそう。以前読んだ類書と違って(対象年齢が若干高めのためか)分かりきった解説とかがなくて好印象。目次も各話の最初の10文字が書かれていて続きが気になる造り。ピックアップ:「29 その劇場の舞台袖には」、「75 気がつくと墓地を走っ」。

  • うーん。何かが足りない。
    現実感というか、ありそう感がたりない。

  • 不完全燃焼が気持ち悪く思えてしまう。
    何でもいいからオチがほしい・・

  • ほぼ100字、それでもきっちり起承転結があるのかと思えばそうではなく。かといって面白くないわけでもないのですが。はっきりとした結末がないのでなんだかもやもやする……というのが大きな魅力である一冊。
    なんとなくホラーめいたものが多いのも個人的に好みのポイント。このあとどうなっちゃうのか、想像するだけでぞくぞくしてきます。一見気軽に読めそうだけれど、甘く見ると底無し沼にずぶずぶとはまっていくような感覚にとらわれてしまうかも。

  • 50分ほどでさらっと読めました。
    サクサク読んでしまったので、続きが気になるとか、もやもやとか抱えずに読んでしまったが、ホラー系なのかなんなのか私はあまり好きではありませんでした。詩ではないしやはりほぼ100文字の小説というのは納得できました。
    Twitterでみるのと本で読むのはちょっと印象は変わるかな?と思います。

  • twitterで発表してた作品集らしい。ほぼ100字の小説とあるが、詩のようでもあり、つぶやきでもあり、ホラーでもある。no.116の岩の話みたいに不思議な話の最後にちょっと不安になる一行がついてるタイプの話が好き。面白かった!

  • 全体的に不穏だったり、ぞっとするような雰囲気のストーリーが多めだった印象。タイトルの通り、先の展開を自分で補完(もしくは想像)したり、或いは把握しきれずモヤッとしたりなどして楽しめる(?)1冊。
    寝物語的に1日1話ないし数話読むなど、さらっとした感じで読める分、読み応えはあまり無いかも……。

  • 平成30年10月20日読了

  • 北野勇作さんがツイッターで発表している
    ほぼ100字の小説の書籍化。
    コンパクトで手なじみのよい装丁が嬉しい。
    何かが見えてきそうで見えてこない、
    想像は膨らむけど決め手はない、
    そんな、もやもや不思議な気分になる小説の数々。
    ツイッターでも読んでいたけれど、個人的には
    書籍版の方が入り込んで楽しむことができました。
    縦書きと改行の持つ力の大きさを感じますねー。
    続刊が出ると嬉しいなと思います(^^)。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

著者:北野勇作(きたの・ゆうさく)
1962年、兵庫県生まれ。
92年、「昔、火星のあった場所」で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。
『かめくん』で日本SF大賞受賞。
主な著作に『ヒトデの星』『社員たち』(河出書房新社)、『どろんころんど』(福音館書店)、
『かめくん』『きつねのつき』『カメリ』(河出文庫)など。
新作落語の会〈ハナシをノベル〉では、ノベラーズの一員として新作落語を書く。
田中啓文との朗読ユニット〈暗闇朗読隊〉として、不定期にライブを行っている。
Twitter連載【ほぼ百字小説】はルーティンワークで、現在1,200作を超えている。

「2019年 『この世界はなんだ!?じわじわ気になるほぼ100字の小説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北野勇作の作品

その先には何が!?じわじわ気になる(ほぼ)100字の小説を本棚に登録しているひと

ツイートする