うさぎとハリネズミ きょうも いいひ

  • ひだまり舎
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909749079

作品紹介・あらすじ

「うさぎとハリネズミ」シリーズ第1作。
のんびりやで前向きなうさぎと、ちょっと繊細なハリネズミ。
ふたりのおりなすゆるやかであたたかいお話が、子どもから大人まで、心をふわっとつつんでくれます。
あたらしい友だちの、あたらしい物語がはじまります!

1.ちくちくとふわふわ 
   ある日であったうさぎとハリネズミ。
  「ハリ」と「毛」、どちらがやくにたつか?をためしてみることに…。
2.つたえたいこと
   うさぎが持ってきた、クルミのから。これで何をしようというのでしょう?
3.あしたのために
   今日は一日、何にもいいことがなかった!と
   イライラするハリネズミに、うさぎが教えたことは…。
4.たんぽぽのたね
   今日はろくなことがない日だから外に出ない、というハリネズミ。
   さて、ふたりの一日は。

以上4話収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すりばち森に住むうさぎとハリネズミのおはなし4つ。
    ガマくんとカエルくんみたいな雰囲気(負けてるけど)。
    それに、くるみの殻とクモの糸で糸電話というのは…?

  • モノクロ絵本。
    途中、差し色としてちょこっと色付けしている。
    でこぼこコンビのうさぎとハリネズミ。
    どの章も2匹の個性がよく表現されていてホッコリ♪

  • 6.6

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

はらまさかず

1972年愛知県生まれ。神奈川県川崎市在住。
作家、編集者。日本児童文学者協会会員。
著書に『お父さんとお話のなかへ 父と子のお話12か月』(本の泉社)、絵本『ゆめのふね』(絵・黒井健、おはなしチャイルド第509号、チャイルド本社)。信用金庫の月刊広報誌『楽しいわが家』にてエッセイ「お父さんの気持ち」連載中。
2020年4月より、子どもたちが自由にお話を読んだり聴いたりすることができるサイト「よむよんで」を運営している。

「2021年 『うさぎとハリネズミ きょうも いいひ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×