とわちゃんとシナイモツゴのトトくん

著者 :
  • ひだまり舎
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909749086

作品紹介・あらすじ

「ぜつめつきぐしゅ」の小さな魚、シナイモツゴ。
ある日、人間の女の子がシナイモツゴを発見します。
開発の波にもまれて、すむところを追われた魚たちは、
いま、絵本と木の実の美術館のビオトープで元気に生きています。
とわちゃんとシナイモツゴの出会いと、真冬の池の中でみた、シナイモツゴのゆめ。
水は、命の源。
魚の目から見た池の中や川のながれと、その外に生きる「にんげん」の女の子。
あたらしい切り口で「いのちのケハイ」を描く田島征三の最新作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵本と木の実の美術館 春の企画展「少年からみた魚と、魚からみた少女」 - イベント|大地の芸術祭
    https://www.echigo-tsumari.jp/event/202104240627/

    鉢&田島征三・絵本と木の実の美術館
    http://ehontokinomi-museum.jp

    とわちゃんとシナイモツゴのトトくん 田島征三(作) - ひだまり舎 | 版元ドットコム
    https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909749086

  • 昔、宮城県の品井沼にシナイモツゴという小さな魚がすんでいた。
    やがて品井沼は埋め立てられた。
    今、シナイモツゴは環境省の絶滅危惧種に指定される貴重な生きものになった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1940年大阪府生まれ、高知県で幼少年期を過ごす。多摩美術大学卒業。『ちからたろう』(ポプラ社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展〈金のリンゴ賞〉を受賞し、以降『ふきまんぶく』(福音館書店)、『とべバッタ』『オオカミのおうさま』(共に偕成社)などで多数の絵本賞を受賞。2009年、新潟県十日町の廃校を丸ごと空間絵本にした「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」開設。2019年、ハンセン病回復者の国立療養施設がある瀬戸内海の大島で「Nさんの人生絵巻」を制作。

「2022年 『た』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田島征三の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×