ロボットをソーシャル化する:「人新世の人文学」10の論点

著者 :
  • 学芸みらい社
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909783639

作品紹介・あらすじ

1950年代にはじまった第一次人工知能ブーム、1960年代からの第二次人工知能ブームに続く第三次人工知能ブームを経た現在、ロボットやAIをめぐる期待論と脅威論は噛み合うこともなければ、歩み寄ることすらもない。この断絶を挟んだ両立場の溝を埋めるために、人文学にできることは何か?
・ロボットのデザインに求められる「弱さ」
・AIが惹起する恐怖
・労働、所有、責任概念の変貌
・AI論が忘却する哲学的思考
・AI論で問われる法の陥穽
・AIの導入が目指す「未来の教室」etc.
現状の技術の正確な理解をふまえ、思想史、社会科学、教育学など多角的な視点から、人新世におけるロボット=AIと人間のスリリングな共生──この10年の社会ビジョン──を具体的に提言する人文学の挑戦。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

松浦 和也(まつうら かずや) 東洋大学文学部教授。東京大学にて博士号(文学)を取得。著書に『アリストテレスの時空論』(知泉書館、2018年)、『ロボットをソーシャル化する』(編著、学芸みらい社、2021年)など。

「2022年 『古代哲学入門 分析的アプローチから』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松浦和也の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×