ベルーガの冒険 (遊びのアイデア選書, 03)

著者 :
  • 銀河企画
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909793041

作品紹介・あらすじ

人生で大切なのは小さな勇気と大きな愛だ――

美しいイラストと繊細なストーリーで、生き物の日常を追体験できるゲームを作り続ける、ゲームサークル『ひとりじゃ、生きられない。』から初のゲームブックが誕生!

生まれつきメロンが壊れて、エコーロケーションがうまく使えないベルーガ(白イルカ)のママは、娘と一緒に群れの中で平和に暮らしていました。
ある日、娘は歌って旅するベルーガの一座に出会いシンガーに憧れます。旅一座に入りたいと切に願う娘。しかし、夢を追いかけるのは簡単ではありません。自分の才能と向き合うのは辛いだけでなく、北極海を旅してまわる一座には危険がつきものです。ママは夢を追う過酷な日々を想像し、娘の夢を反対します。
上手に話せずコミュニケーションが苦手なママは想いを伝えられず、娘ともついついケンカばかり……。そんな日々が続いたある日娘は、「ママなんて大嫌い!」と家出をしてしまいます。

ママは、これまでずっと守りの人生を過ごしてきました。しかし、今回ばかりはそうもいきません! ママは娘を探すため、勇気を持って広大な北極海に旅立ちます。
ママを襲ってくる天敵のシロクマもたくさんいる北極海!
最初は不安もいっぱいあるけれど、ワモンアザラシ、ホッキョククジラ、ニシツノメドリ、セイウチ、ニシオンデンザメなど、助けてくれる生き物もたくさん住んでいます。ママは海の生き物たちと、身振り手振りを使い会話をしながら娘を探します。

仲間を作ったり、恋をしたり、家族の温かみを知ったりすることでママも成長していきます。娘のために懸命に旅をするママ。果たしてママは娘と再会できるのでしょうか……!?
2018年に発売されたカードゲーム『ベルーガ』のノベライズ本!
ゲームではわからなかったママの葛藤が描かれる本作。更にパワーアップしたストーリーで、新たな世界が広がります。

さあ、勇気と娘への愛を持って、ママと一緒に冒険の旅に出発だ!

著者プロフィール

舟崎 泉美:小説家・脚本家・映画監督。小説『ほんとうはいないかもしれない彼女へ』、映画『夜を駆ける』の監督・脚本など、ジャンルを問わず様々なクリエイティブ分野で活動中。

「2020年 『ベルーガの冒険』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舟崎泉美の作品

ベルーガの冒険 (遊びのアイデア選書, 03)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×