わかってるって (imagination unlimited)

  • イマジネイション ・プラス
3.75
  • (1)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909809278

作品紹介・あらすじ

お兄ちゃんになったちびっこアライグマくん。はりきって頑張るけれど、からまわりして叱られてばかり。赤ちゃんにかかりっきりのお母さんに「もうぼくなんて、いらないんでしょ! 赤ちゃんだけいれば、お母さんはそれでいいんだ! 」と、こらえ切れずにお兄ちゃんが言った日の夜、悪い夢を見て泣き出したのは…お母さんでした!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 絵のかわいらしさにすべてが引っ張られてしまう。

  • お兄ちゃんの悩みがなくなってよかった。
    毛の一本一本まで繊細に描かれていた。

  • 兄弟の上の子向けの本。

  • 妹や弟のできたお兄ちゃんお姉ちゃんの気持ちがわかる。今までママの1番はぼく、わたしだったのに。寂しいよね。
    うちの上の子が今まさにそう。
    でもね、ママはあなたが大好きだからね。忘れてなんかいないからね。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

しもかわら ゆみ 東京都生まれ。2001年より講談社フェーマススクールズ(KFS)の通信講座を受講、動物が好きでKFS直営教室の動物細密画を学ぶ。2013年、同スクール主催の「第7回KFS 絵本グランプリ」にてグランプリを受賞。『ほしをさがしに』(講談社)で絵本作家デビュー。他絵本に『ぽつぽつぽつ だいじょうぶ?』『おすわり どうぞ』『ねえねえ あのね』(以上、講談社)『おんなじ だあれ?』(あかね書房)『さあ おいで こどもたち』(小風さち・文「ちいさなかがくのとも」2021年4月号、福音館書店)『The Gifts of the Animals』(Carole Gerber・文)『She Leads』(June Smalls・文/以上、Familius)などがある。千葉県在住。

「2021年 『いきものづくし ものづくし 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

しもかわらゆみの作品

ツイートする
×