ナマケモノ だから (imagination unlimited)

  • イマジネイション ・プラス
3.45
  • (3)
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 150
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909809292

作品紹介・あらすじ

ジャングルでのんびり暮らしているナマケモノ。一日中、のんびりぶらぶら、ゆったりの毎日。ある日、突然始まった、動物たちの「いちばんくらべ」に巻き込まれて!?
ジャングルの動物たちは、つい「競争」に夢中になります。だれかと比べて優っていることを確かめるのは、大事な場合もあるでしょう。でも、行きすぎるのはどうでしょうか。とかく「がんばれ!」「負けるな!」と口にしがちな私たち親に、むらかみひとみのナマケモノはいつもどおり、特別なことはなにもしないで、一番になってみせます。もしかしたら、競争が始まっていることにも気づいていないのかもしれません……。器の大きなナマケモノを、長い目でじっくり育てられる大人と社会でありたいと思います。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2023年度 4歳児&5歳児クラス 5分
    ジャングルでのんびり暮らしているナマケモノは、一日中のんびり木にぶら下がってます。
    ある日、その下で突然始まった動物たちの「いちばんくらべ」。
    動物たちは得意な事をアピールしますが。
    ナマケモノは、特別に何もしないで一番になってみせます。
    競争が始まっていることにも気づいていなかったのかも……
    読み始める前から、何の動物か質問してくれたり…
    みんなの反応が楽しかったです。

  • 8歳4ヶ月の娘
    5歳4ヶ月の息子に読み聞かせ

    ナマケモノって
    ほんと憎めないキャラよね

  • お気に入り。

  • ナマケモノの良さと、南国の森の中みずみずしく版画で描かれている。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

絵本作家・版画家。大阪府生まれ、東京在住。
イタリア・フィレンツェの工房にて版画技術を学ぶ。以後、絵本、書籍の装画・挿絵、実用書執筆など、多岐にわたって活躍。2003年、2005年、2006年とイタリア・ボローニャ国際絵本原画展にて入選。主な絵本に2006年の入選作『まっくらなよるのムー』『ナマケモノだから』(以上イマジネイション・プラス)、“La longue trompe de Colongo”“Baleine, à l’aide !”(ともにLirabelle 刊/フランス)、『ヤマネのナノのぼうけん』(岩崎書店)、『浴缸變小了!』(Grimm Press刊/台湾)、実用書に『つくろう! あそぼう! かたちともよう』『 つくろう! あそぼう! ひかりとかげ』(玉川大学出版部)などがある。

「2022年 『ビーバーくんと ポプラの き』 で使われていた紹介文から引用しています。」

むらかみひとみの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×