照応と総合: 土岐恒二個人著作集+シンポジウム

著者 :
制作 : 吉田朋正 
  • 小鳥遊書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (1056ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784909812285

作品紹介・あらすじ

ボルヘスやコルタサル、ムヒカ=ライネスなどのラテンアメリカ文学の紹介者として活躍し、英国世紀末文学を専門とする学究としても広く知られた土岐恒二(1935-2014)。だが、いかにもストイックな精読者・翻訳者らしく、これまで氏の論文やエッセイは単著に纏められていない。
本書は、1961年に遡るその主要著作をテーマ別に編纂し、一人の寡黙な精読者(リズール)が旅した文学的・文化的な地図を、彼のテクストに共鳴する現代日本の論者たちとともに描き出そうとするものである。

【構成】
第一部:「照応」──土岐恒二の仕事:1961-2015
1)単行本未収録のエッセイや論文多数に加え、2)これらの仕事に関わりの深い、雑誌等に単発的に発表されて現在入手困難だが、今日見てもなお重要と思われる翻訳業績──ジョイスのブレイク論やパウンドの読書論など、主として20世紀の文学批評を中心とする──を集成する。

第二部:「総合」──シンポジウム
内容やテーマの点で第一部と響き合うエッセイを多方面から募り、比較的寡作であった土岐恒二氏のテクストが、多方向に広がった大きな水脈を成すことを鮮やかに描き出す。
執筆者:安藤哲行、若島正、加藤光也、高山宏、島高行、岡本正明、三宅昭良、高岸冬詩、伊達直之、千葉康俊、富士川義之、松本朗、橋本安央、和気一成、富山英樹、吉田朋正…。

著者プロフィール

一九三五年生まれ。東京都立大学英文科卒、同大学院後期博士課程満期退学。國學院大學助教授を経て、東京都立大学助教授および教授。一九九九年の定年退官後、同大学名誉教授および文化女子大学教授(二〇〇六年退職)。篠田一士の下で学び、英国世紀末文学を専門とする学究として活躍する一方、幅広い視点を持った世界文学の紹介者・解説者として知られた。ボルヘスの代表作『不死の人』(白水社)や『永遠の歴史』(筑摩書房)の他、コルタサル『石蹴り遊び』(集英社)、ムヒカ=ライネス『ボマルツォ公の回想』(集英社、安藤哲行氏との共訳)など、ラテンアメリカ文学の重要作品を本邦読者に紹介した功績は大きい。専門の英語圏文学でも幅広い訳業で知られ、メルヴィル『タイピー』(集英社)、コンラッドの『青春』(集英社)および『密偵』(岩波書店)、キプリング『祈願の御堂』(国書刊行会、土岐知子氏との共訳)、ペイター未完の大作『ガストン・ド・ラトゥ一ル』(筑摩書房)など、貴重な古典作品の翻訳に加え、エドマンド・ウィルソン『アクセルの城』(筑摩書房)のような批評書からJ・M・クッツェー『夷狄を待ちながら』(集英社)のような現代的作品に至る、多彩な訳業を遺した。二〇一四年没。

「2020年 『照応と総合』 で使われていた紹介文から引用しています。」

土岐恒二の作品

照応と総合: 土岐恒二個人著作集+シンポジウムを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする
×